Posted on

夜驚症と睡眠障害「夜中に起きてしまう」子供から大人まで

夜驚症 スリープドロップス

夜驚症と睡眠障害「夜中に起きてしまう」子供から大人まで

夜驚症 スリープドロップス

眠っていた子供が、突然大声で泣き叫んだり、体を震わせて大声をあげたりして、親ごさんをびっくりさせることがあります。
夜驚症と言われる睡眠障害の一つです。ここでは夜驚症についての記事を載せています。

夜驚症とはどんな症状ですか?

夜驚症は子供によく見られる睡眠障害です。 夜驚症が起こる時、急に起き上がり、目は広く見開かれ、呼吸や鼓動も激しくなります。
大声を出したり泣き叫んだりすることもあります。
目が覚めて意識がはっきりしているように見えますが、会話は成り立ちません。

夜驚症は、レム睡眠の間に起こる通常の夢とは違います。
夜驚症は人が徐波睡眠(睡眠の第3~4段階)から目覚めるときに起こります。
悪夢を見て目覚める時には、通常、夢で見たことが一塊になったようなものが目覚める瞬間に思い起こされるのですが、夜驚症を持つ人は、 ただ強烈な恐怖の感情だけを思い起こすのです。

錯睡眠障害のように、夜驚症は夢遊病やその他の症状と合併されていることが多く見られます。
たいていの場合毎月数夜のペースでこの睡眠障害が起こるのですが、一生のうちに治ったりまたこの睡眠障害になったり・・・を繰り返します。
ある子供の例では、毎夜最大40回も夜驚症が起こったケースがあるそうです!

子供に起こる睡眠障害は通常幼児期から始まるのですが、夜驚症が起こる頻度はかなり低いとされています。 子供にとって時々怖い気持ちになることは普通で、大人になるにしたがってその恐怖感情はなくなっていくものです。
夜驚症は決して、精神的異常をあらわすものではありません。

子供が夜驚症を起こしたり、夜中に起きて過剰におびえているとき、心臓はドキドキし、汗をかいていたり呼吸が激しくなっています。 大声を上げたり、理解不可能なことを口にしたりするかもしれません。
話をするのはおそらくとても難しい状態ですが、なだめようとすると徹底的に話そうとしてくるかもしれません。

子供がこの夜驚症を抱えていて、それが不眠・睡眠障害となっているのであれば、治療が必要です。
ただし、ほとんどの子供は夜驚症が起こった時のことは何も思い出せず、成長するにしたがってこの睡眠障害は起こらなくなります。

大人でも夜驚症になりますか?

大人でも夜驚症になることがありますが、非常に稀です。
夜驚症によく似た症状に夢遊病があります。大人でも夢遊病はありえますが、しかし夢遊病は泣いたり叫んだりの症状は発しません。
夜驚症を持つ大人は、一般的にPTSD(心的外傷後ストレス障害)や不安発作などの精神障害を抱えています。
大人における夜驚症は通常起こりませんので、もしこの症状を頻繁に繰り返すようであれば早急に医師や不眠症・睡眠障害の専門医の診断を受けることをお勧めします。

夜驚症の原因はなんですか?

夜驚症の原因ははっきりとは分かっていません。 ストレスや緊張などの心理的なことが原因とも言われています。また、遺伝性があるともいわれています。
日中何かあった時、こわい映画を見たり、何か恐怖を感じる体験をしたりして、その不安で夜な夜な泣き叫ぶこともあるそうです。
この症状が出る時、子供は深い眠りの中にあるので、何も覚えていないことが普通です。

夜驚症の対応

夜驚は病気ではありません。多くの場合、大人になれば消えてしまうものです。
泣き叫ぶ子供を見て、自分も不安になったり、パニックになったりは決してしないでください。
子供の精神状態が、夜驚症の原因の一部になっているので、子供を落ち着かせ、不安がらせないことが大切です。
優しくだっこしたり、落ち着いてちょっと話しかけたり、子供の気持ちが和らぐようなことをしましょう。
また寝る前にあまりにはしゃいで興奮させたり、こわいテレビや映画を見るなどは控えましょう。
子供が小さいうちは、親ごさんも寝不足になりがちな上、このような症状で起こされては、ご両親も参っていまいそうですが、 ここで子供を叱ったり、自分も不安になったりすると、子供はますます不安定になり逆効果です。

心配せずに、親である自信を持ってください。
あなたのお子さんが、どんなに叫び、泣きわめいても、あなたはお子さんに最も愛されている人物です。
子供にとって、お母さんお父さんはじめ、周りのご家族の方々ほど愛すべき、頼れる存在は他にないのです。
あなたに抱きしめられることで、子供はとても安心します。

お子さまを安らかに、なごませるハーブ

ハーブは、長い歴史の上で、人が健康を維持するために用いてきた知恵の結晶です。
お茶に入れて飲んだり、アロマとして匂いをかいだり、みなさんにも馴染みの深いアイテムですね。
欧米、とくにドイツでは、子供の夜泣きや睡眠不足にもハーブティーや、ハーブを用いたレメディ、サプリメントなどを用いることは一般的です。

高ぶる気持ちを安定させ、リラックスし、落ち着いてくれば、子供たちには眠気がやってきます。
ハーブの力を借りて子供をそーっと寝かしつけ、親ごさんも充分睡眠をとって疲れを癒してください。
自分もストレスを軽くすることが、お子さんのためでもあるのですから。
明日もやんちゃな子供たちとの一日が待っています。