Posted on

6ヶ月の赤ちゃんねんねトレーニング3ステップ


6ヶ月の赤ちゃんねんねトレーニング3ステップ

この記事は、ニュージーランドのナチュラル睡眠スペシャリスト、カースティン・テイラーがあなたにお届けしています。

6ヶ月の赤ちゃん、眠ってくれないのは何故?

スリープドロップス【赤ちゃん用】

生まれてから6ヶ月!以前の生活とは全く違う毎日が始まり、新しいことの連続、驚きの日々でしたね。
もう少しすると、赤ちゃんはまとまって眠ってくれるようになり、寝かしつけに苦労した親ごさんにも、深く眠れる夜が戻ってきます。
ここでは、6ヶ月の赤ちゃんの眠りによくある傾向と、ねんねトレーニングのポイントを紹介します。

6ヶ月の赤ちゃんは、まだ上手に一人で眠れないのが普通です。しかし、このころから、だんだん一日のリズムに合わせて眠れる体力もついてくるはずです。
赤ちゃんは一人一人違うので、6ヶ月をすぎても夜泣きがひどかったり、夜なかなか眠ってくれなくても、それは何も問題ではありません。
ただ、眠ってくれない理由として、以下のような事が考えられませんか?

ねんねの時間が好きになったみたい。 青森県 里佳子さま

食べ物のアレルギーはありませんか?
多くの赤ちゃんは6ヶ月を過ぎたくらいから離乳食が始まります。(母乳やミルクももちろんあげてますよね。最初の年はまだまだおっぱいが栄養の元です)離乳食を何の抵抗もなくぱくぱく食べてくれる赤ちゃんもいれば、なかなか食べてくれない子もいます。
食べ物に対するアレルギーが出ているのかもしれませんよ。お腹がいたくて気持ちが悪く、むずがっているのかもしれません。
検査をしてもらってもいいですが、まだ小さくてかわいそう、と感じられるかもしれませんね。そんな時は、母乳なら、まずお母さんがアレルギーの原因になりそうな食べ物を避けてみるのも手です。乳製品や卵は食物アレルギーの原因となることがよくあります。乳製品を止めることから始めてもいいでしょう。
アレルギーは、赤ちゃんの眠りに非常に影響するのです。

眠るときにしていた習慣が前と違う
生まれてから6ヶ月間、赤ちゃんを寝かしつけるときに習慣的にやっていた事はありませんか? 優しくゆすったり、トントンしたり、おっぱいをあげたり、タオルでくるっとくるんであげたり。。。赤ちゃんはこの6ヶ月の間に、眠る前の習慣をしっかり学んでいます。急に違うことをされるととまどいを見せます。5ヶ月の時よりも、6ヶ月の方がこの眠りの儀式にちょっぴりよけいに依存してしまうのです。
眠るときの習慣も、ご家族にとってベストなものにしましょう。何時間もだっこしてゆすぶらないと眠らない、というような場合は、だっこを添い寝に変えるなど、親御さんの負担にならないものに変えるのは今です。

歯の生え始めでむずむず
歯が生えてきて、むずむずして眠れないことはよくあります。
ちっちゃな可愛い歯が生え始めてきているのかもしれません。楽しみですね。

6ヶ月の赤ちゃんの眠りが変わってきた

6ヶ月の赤ちゃんの睡眠には何が起こっているのでしょうか?
今まで一日中、朝昼夜関係なく眠っていた赤ちゃんが、大人と同じような睡眠サイクルを開発するステージにいるのです。

赤ちゃんねんトレ

お昼寝時間がしっかりしてくる
と言っても誤解のないように。すべての6ヶ月の赤ちゃんが規則的な昼寝のスケジュールを持ち始めるわけではありません。これまでのように日中たくさんの短い眠りを繰り返す赤ちゃんもいます。しかし、多くの赤ちゃんは、日中の決まった時間に、短い昼寝をし始めます。
この6ヶ月間予想がつかなかったお昼寝の時間が、おおまかに2,3回の予想のつく時間の昼寝になってきたのではないでしょうか?

夜の授乳が減ってくる
6ヶ月では、夜の間の1,2回の授乳はまだ普通ですが、多くの6ヶ月の赤ちゃんは、夜は1回ですむようになります。(全員ではありません。まだ2,3回おっぱいをねだるからと言っても、心配しないでください)しかしだんだん減らすようにしてもいいでしょう。

夜のバトルが楽しい時間になりました。 大分県 霧子さま

6ヶ月の赤ちゃん、ねんねトレーニング

そろそろ一日のリズムに合わせて眠る練習をしてもいいころです。大きくなると、ちょっと練習も難しくなる事がありますよ。
ねんねトのレーニングポイントをわかりやすく3段階に表してみました。

1.ねんねの時間を決める
まずはじめに、ねんねの時間を決めましょう。赤ちゃんが、眠る時間なんだな、と覚えることがポイントです。いつものねんねの儀式の後、赤ちゃんをベッドに寝かせましょう。
毎晩きっかり同じでなくてもいいのですが、ずれたとしても30分以内がいいでしょう。

2.起きる時間を決める
次は、起きる時間を決めましょう。こちらの方が難しいかもしれません。赤ちゃんが早く起きすぎる、また逆に遅くまで寝ている、ということがあるからです。
そんなときはどうした らいいでしょう?もし、早く起きすぎるときは、夜中に目が覚めたときと同じようにしてください。おっぱいをちょっとあげたり、なだめたり、いつもされるように。そし て、起きる時間まで、ベッドに寝かせましょう。
逆に、起きる時間になってもまだ眠っていたなら、起きるべき時間の遅くても30分以内には優しく起こしましょう。

3.お昼寝の時間を決める
一旦しっかりした寝る時間、起きる時間が決まったら、日中の昼寝の時間は、毎日だいたい同じ時間であるようにしてください。きっかり同じでなくてもよいのです、これも30分くらいの範囲で同じ時間にしましょう。

スリープドロップス【赤ちゃん用】

まとめ

この6ヶ月、24時間片時もそばを離れることができず、目が離せず、自分は夜も眠れず、お風呂もゆっくり入れない、本当に大変な毎日でしたね。

育児は楽しいばかりではありません。ストレスもたまり、身体的にも精神的にもぐったり疲れてしまいます。赤ちゃん同様、ご自分のことも大事にしてください。
赤ちゃんが一人でぐっすり長い時間寝てくれるようになれば、世話をするお母さん、お父さんも「ホッ」と楽になり、そして成長してくれた我が子を、今まで以上に愛しく思うことでしょう。

スリープドロップス カースティン

カースティン・テイラー

スリープドロップスの開発者

自然療法士(ナチュロパス)、メディカル・ハーバリスト、栄養士、自然出産及び受胎の専門家、そして一児の母親、でもあります。
現在は睡眠スペシャリストとしてニュージーランドのTV、ラジオに出演しています。

スリープドロップス【赤ちゃん用】

赤ちゃんが寝てくれない?
スリープドロップス【赤ちゃん用】を
お役立てください。