Posted on

象はノンレム睡眠では立って眠ります


象はノンレム睡眠では立って眠ります。 睡眠に関する面白い事実

眠れないとお悩みですか? あなた一人ではありません。何万人もの人が毎晩眠れないと悩んでいますし、化学者たちは睡眠のなぞを解き明かし始めたばかりです。

睡眠と睡眠障害に関する興味深い事実をご紹介します。

英国ピータバラのモーリーン・ウェストンさんは、ロッキングチェアマラソンに参加中18日間と21時間40分目を覚ましており、当時の不眠の最長記録保持者となっています。

睡眠の欠落は、主要な障害の原因となります。チェルノブイリの核処理場事故、エクソンバルディーズ号原油流出事故、スペースシャトル・チャレンジャーの事故など、睡眠不足が要因となった災害です。

1998年の研究結果では、人間のひざ小僧の裏に明るい光をあてると、脳の睡眠・覚醒機能をリセットすると発表されました。この研究は科学的に怪しいとされています。

象はノンレム睡眠の時は立って眠りますが、レム睡眠に入ると横になります。

あなたは目覚まし時計がなる直前に目を覚ましますか?科学的研究では、この現象はストレスの副腎皮質刺激ホルモンが、目覚める直前に急激に放出されるとされています。ストレスや心配事は、実際私たちが目を覚ますのを助けるのです。

あひるは脳の半分だけ眠り、天敵の脅威に備えるのですが、これでは不眠症になってしまいますね。

睡眠障害が長く続けば、それが普通に感じられてきます。集中力が欠落したり、日中ぐったり疲れていても、長期の睡眠不足の後は、睡眠が足りないという問題に気づかなくなるのです。

睡眠不足の夜を5日続けた後、アルコール3杯が、十分睡眠をとった人の6杯分と同じ影響があると言われます。

新生児が生まれて最初の1年は、両親は400時間から750時間の睡眠を失うといわれています。新生児は1日16時間眠ります。

レム睡眠のときのみ人は夢を見ると信じられていました。最近の発見では、ノンレム睡眠のときにも人は眠っているとされました。ノンレム睡眠のときの夢は、日常起こっていることの続きのようなもので、ビジュアル的な夢は少なく、(そのため覚えていることが少ないのですが)、一方レム睡眠のとき見る夢は、おかしな夢が多いのです。

睡眠は人生の3分の1の時間を占めると言われています。 質のよい睡眠をとることは、何にも勝り大切です。

今日も一日がんばったあなたへ、快眠の贈り物をどうぞ。