Posted on

すっきり眠るために取り入れたい自然の力


すっきり眠るために取り入れたい自然の力

アメリカでは6,000万人が毎年不眠症に悩まされていると言われます。夜なかなか寝付けない、眠っても夜中にすぐ目が覚めてしまう。小さな悩みのように思えますが、これが何日も、何ヶ月も、何年も続くのは、本当に辛いことです。眠れない辛い夜を終わらせるために、睡眠薬ではなく、自然治療に目をむけてはいかがでしょうか? 化学品による治療とは違い、良質で健康な睡眠が得られます。
ただ、ハーブや自然治療液を使う前に、一度お医者さんを訪ねて、不眠症が何か別の症状の表れかどうかを確認してもいいかもしれません。うつ病、心臓疾患、睡眠時無呼吸症、糖尿病などが、不眠に表れているのかもしれません。

ヴァレリアン(セイヨウカノコソウ)

ヴァレリアン(セイヨウカノコソウ)は、賛否両論ある治療薬草です。ヨーロッパとアジアに生息するこの植物は、効く場合も効かない場合もありますが、その歴史は長く、古くはギリシャやローマの時代から自然の治療薬として使われています。不眠治療に加えて、頭痛や腹痛などにも使われてきました。ヴァレリアンがどのように健康に作用するかは、今も詳しいことは分かっていません。調査では、自然の治療薬は、単独で使うものとは対称に、植物の複合物の合成により効果がでると信じられています。いくつかの睡眠と違って、ヴァレリアンは、依存性があったり、朝を迎えてフラフラ感を感じることがないと思われています。ヴァレリアンは、カプセル状のもや、お茶や液体状の飲み物にも使われます。

カモミール

カモミールは、安眠を助ける有名なハーブですね。不眠を助けたり、女性の生理痛を和らげます。不安な気持ちを和らげたり、気持ちを落ち着かせる効果があるとされ、ハーブティーとして、眠る前によく飲まれます。
眠れないのは、はしばしば体の冷えが原因のときがありますが、カモミールは体を温める効果もあり、その面でも不眠改善に役立つといわれます。

メラトニン

メラトニンは、とても人気のある自然のレメディーです。メラトニンは、動物、植物、病原菌などが自然に生成する複合物です。人間は、脳にある松果体で生成されます。メラトニンは、眠る-目が覚めるの規則的なサイクルを助けます。メラトニンの助けで、概日リズムを環境サイクルに合わせることができます。タルトチェリーは、メラトニンを含んだ自然の果物で、粉末状で簡単に摂取できます。

体を動かすことも大切

これらの自然レメディ摂取以外でも、眠りを助けるさまざまな運動、ストレスを発散させるアクティビティーがあります。ヨガ、イメージトレーニング、瞑想、筋肉を弛緩させてのリクラゼーションなど。
これらの自然療法を試すのに躊躇している人には、睡眠を妨害している刺激物を絶つこともお勧めです。カフェインや砂糖などです。糖分の高い食べ物や飲み物は、あなたの血中糖分を非常に高めます。これにより、血中糖分レベルが破壊され、夜中の睡眠が妨害されます。これもまた、糖分の高い飲み物を止める別の理由です。

ナチュロパスからのアドバイス

自然のレメディの摂取と瞑想を一緒に行うことは、睡眠をサポートします。
頭を悩ませているイヤなことは、深い深呼吸と一緒に吐き出してください。そして、フレッシュな酸素で、脳を活性化しましょう。
いやなことが頭から出て行く、というイメージングと共にします。本当に気分が楽になりますよ!