投稿日:

不眠症には睡眠薬よりも、睡眠サプリメントを!


不眠症には睡眠薬よりも、睡眠サプリメントを!

あなたは今、睡眠薬を服用されていますか?
睡眠薬を飲んで、眠れるようになって、ほっとしていらっしゃるかもしれませんね。しかし、朝目覚めた時の気分はどうでしょう?
眠った時から意識は飛んでいるものの、体の疲れはとれておらず、目覚めの壮快感は全くないのではないでしょうか?

睡眠薬を止めると眠れなくなる、という不安

体調不良、栄養不足、生活習慣、ストレス、など、不眠症になってしまう原因はさまざまあります。
多いのは、うつ病や不安症、別の病気が原因で、夜眠れなくなるケースです。
医者は病気に対する薬と一緒に、眠れない患者のために睡眠薬も処方してくれます。
素早く眠るのに、これほどうってつけの薬はありません。
何時間も布団の中で寝返りを打ったり、ずっと天井を見つめていたりしながら、考え事で頭がいっぱいになり、ますます眠れなくなる。。眠れないのは本当に辛いことですからね。
睡眠薬は、短い期間一時的に使う分には全く問題はありません。
ただ長く使い続けると体が慣れてしまい効かなくなります。
更に精神的にも依存してしまい、「睡眠薬がないと眠れない」と思いこんで、ますます手放せなくなります。

睡眠薬の副作用

睡眠薬を長く続けていくうちに出てくる副作用には、こんなものがあります。

  • 食欲の減退
  • 便秘、下痢
  • めまい
  • 日中のどうしようもない眠気
  • 気力がなくなる
  • 頭痛
  • 口や喉がかわく
  • 胸やけがする
  • バランス感覚がなくなる
  • 集中力がなくなる

更に症状が悪くなると、パラソムニア(睡眠時異常行動)と呼ばれる深刻な睡眠障害にも繋がります。
眠っている間に自覚がないまま歩いたり、しゃべったり、叫んだりの奇行を繰り返す症状がパラソムニアです。

眠りに必要な栄養を睡眠サプリメントで

しっかり休んだ翌日は違う。一日一日が違うと未来が違う。

薬を飲んで一時的に眠っても、不眠症になった原因を取り除かない限り、本当の意味で眠れるようにはなりません。
睡眠薬は、あなたの悩みを解決するわけではなく、常用すると逆にあなたの体を傷つけ、不健康にしてゆきます。
朝起きたとき、しっかり休んだ感を味わい、気分もさわやかに感じた日は、昨日までの一日とは違います。
一日一日が変われば、あなたの将来も素敵に変わってゆくはずです。