Posted on

どうやって眠ったらいいのか、答えを見つける旅


どうやって眠ったらいいのか、答えを見つける旅

目覚まし時計

不眠症や、眠りに関連する病状が80症状以上も医学上認識されている現在、毎日毎晩何100万人もの人々が、「どうやったら眠れるの」と問いかけています。

眠るためにどうるすかを導き出すには、沢山の取り組み方があります。この短い記事では、人々が眠りに入るために使っているそれぞれの方法を紹介します。

正真正銘の方法から、デタラメの方法まで、いろいろありますが、どれが効き目があって、どれが効かないかは、人それぞれで違います。

覚えておいて下さい。遺伝子的、身体的、精神的、心情的、感情的に全ての人は他人と異なります。人が眠る能力に影響するものや、眠に誘われる行程は、全ての人が違うのです。

ですので、ある人に効かないものが、あなたにも効かないとは言えません。どうやって眠るかの答えを求めて、人が見つけた方法は、以下のようなものがあります。

  • まず第一に、不眠はあなたの健康を害する病気であるということに気づいてください。そして速やかに治療することに全力を尽くすのです。不眠症は、文字通り死を早めることになるのです。
  • スリープダイアリーを付けてみてください。そうするとあなたの問題が見えてきます。
  • 人を眠らせるための方法について出来る限りの調査をしてみましょう。そして不眠がどうやって始まったのかを考えてみてください。そうすることにより、何が自分を眠れなくしたのかが分かってきます。
  • わかっている人(必ずしも医者である必要はありません)のアドバイスに従う、あるいは、入眠障害、不眠、睡眠不足を助けるトピックに興味を持ってください。情熱は肯定的な指向と必要な経験をもたらしてくれます
  • 生活習慣、取っている栄養、身体的な健康に、少しだけ変化を与えて、睡眠改善できるようにしてみてください。
  • 眠る前や必要なら夜間、睡眠を助ける自然のレメディを取ってみましょう。
  • 生活の中でストレスに感じることを少なくするよう試みましょう。

質の良い睡眠を取るために行っていることが、実際に本当に実践的か問いかけてみてください。午前2時まで起きていて、体内時計をリセットするために朝5時に起きる、のようなことは意味がありません。