Posted on

睡眠薬の危険性


睡眠薬の危険性

睡眠薬の危険性

睡眠薬で解決できるのか?

今の世の中には、何にでも薬があります。髪を増やす薬、やせる薬、幸せになる薬、もっとよく眠れる薬。もしあなたが不眠症ならば、睡眠薬を飲むことは完璧な解決方法に思えるでしょう。
お口にポイっと入れて、枕に頭を置いたら、次に気づいたときは、翌日の朝で、目が覚めて、休息して気分も爽快になっている。素晴らしい!
眠れないまま、天井をジーッと見つめていることもなければ、水を一杯飲むために何度も何度も起き上がったり、寝返りしたりしなくてもいいのです。
でも睡眠薬はほんとうにいいのでしょうか?
実際は、市販の睡眠薬や、医者に処方してもらう睡眠薬は、即効性がありその時は非常によく効きます。外科手術の後、時差をいくつも越えて空の旅をする時などには非常に役に立ちます。
しかし、睡眠薬を常用すると、不眠症はますます発達してゆくのです。
そして実際は自分を傷つけています。

こわい睡眠薬の副作用

市販の睡眠薬も、処方された睡眠薬も、どちらも副作用があります。
これらは通常、頭痛、吐き気、便秘、筋肉の痛み、めまい、日中の眠気、集中力の欠落、などを招きます。
催眠鎮静剤としての睡眠薬は、非常に危険なときがあります。顔面の腫れ、幻覚、記憶の一時的な喪失、夢遊病などです。
睡眠薬を飲み続ければ飲み続けるほど、体がそれに馴染んでしまい、効果が出るにはさらに大量の睡眠薬が必要になります。これにより、眠るときには睡眠薬に依存するようになります。また同時に、薬に対する厳しい反応を引き起こします。
もし睡眠薬をしばらく常用した後、それを止めたら、吐き気、発汗、震えなどの禁断症状に苦しむでしょう。
そしてまた、体が適応するまで、何日かは眠れない夜が続きます。
これを「反跳不眠症」といい、2週間程度で収まります。しかし多くの人は、この間に睡眠薬を再び飲み始めます。
ベンゾジアゼピンのような処方箋の睡眠薬である催眠鎮静薬は、もし数夜続けて使用すると、効かなくなります。
これらの睡眠薬は、レム睡眠の深く眠っている時間を減少させるので、睡眠の質を奪います。

ハーブ、自然の睡眠サポート

ハーブの睡眠薬は、この一方で、副作用はなく、長い間患っている不眠を助けます。眠る環境を変える、生活習慣を変える、といった不眠症治療の他の方法を実践しながら、ハーブの睡眠薬を試すと、驚くほど眠れるようになります。
ぐっすり眠るための23のヒントも是非合わせてお読みください!

スリープドロップスの一連の製品は、体が規則的な睡眠パターンを再構築できるようデザインされた商品です。
健全な睡眠リズムを体の中で持てるように、ミネラルで栄養面を、ハーブで神経系をサポートします。

睡眠薬にあるような副作用は全くありません。