Posted on

睡眠薬には頼りたくない、でも眠れないのは辛い。どうしたら?


睡眠薬には頼りたくない、でも眠れないのは辛い。どうしたら?

睡眠薬には頼りたくない

不眠症に悩まされている人には、以下のような症状が見られます。

  • なかなか寝付けない
  • 眠っても目が覚めてしまう
  • 一旦目が覚めたらなかなか眠りに戻れない
  • 一晩中眠ったのに何となく疲れている

睡眠障害に悩んでいても、睡眠薬には頼りたくない。多くの人がそう考えます。そんな人にお勧めの2種類の対策方法があります。

1.環境、習慣を変える

睡眠障害は、あなたの習慣、環境を変えるだけで劇的に改善されることがあります。
睡眠薬で眠り目覚めた時、あなたは「眠れた!」とうれしいかもしれませんが、あなたがその夜体験したことは、通常の眠りとは少し違います。眠っている時間は、実は体と脳にとっては、非常にアクティブな時間です。

睡眠薬は、正常な睡眠サイクルを壊し、あなたを眠った気にさせるだけです。
常用することの危険、こわさを強く認識して、生活習慣からまず見直しましょう。

眠る前はリラックスし、心を落ち着ける、というのは仕事などで不規則な生活をやむなくしている人にとっては、比較的試しやすい方法です。
リラックスするには、こんな方法があります。

眠れない!そんな時にやってみよう。簡単にできるリラックス方法

いつも同じ時間に寝て、起きる、など規則正しい生活をすることも大切です。
忙しくて、夜も眠れない、という人、眠りを犠牲にして働くということは、実は自分の健康を自ら害していることとなります。

睡眠時間を削って働いているあなた、忙しさの奴隷になってはいませんか?

ベッドは適度に涼しく、暗く、心地よく、テレビ、コンピュータ、仕事の資料、などは別の部屋に置いたり、遠ざける、など、お金をかけずに自分で改善できる方法を試してみましょう。

2.ホメオパシーを取り入れる

睡眠障害を助ける自然の治療方法。。。ホメオパシーです。
ホメオパシーとはなんでしょう?

人間には自分で自分を癒す自然治癒力が備わっています。薬に頼らずに、人が元々持っている内部の治癒力を触発し、喚起するのがホメオパシーの療法です。ホメオパシーに使用される治療のための液体を一般的にはレメディーと呼んでいます。

高いお金をかけて医者に診てもらい、処方箋を作ってもらうことなく、ホメオパシーの睡眠障害レメディーで、睡眠の問題に取り組むのも一つの方法です。
有名な睡眠障害のホメオパシーレメディーとしては、以下のようなものがあります。
カモミラ
むずがる赤ちゃんとコーヒーを飲みすぎの人には最適です。カモミラは、夜の早い時間の落ち着きのなさ、また視覚的な悪夢に悩まされている人に適しています。

アルニカ
うずきや痛みで目を覚ましてしまう人にとって、素晴らしいレメディーです。アルニカは、時差ぼけにもよく効きます。

スーヤ
目が早く覚め、そしてそれから眠れない人にとって最適な睡眠障害レメディーです。寝言や、頭痛でストレスを持っている人にとっては驚くほど効果を発揮します。

コースティカム
特に子供たちによく効く睡眠障害レメディーです。コースティカムは、おねしょや、暗がりに怯えたり泣いたりする子供たちによく効きます。

コフィア
コフィアから作られた睡眠障害レメディーは、思考がで頭がいっぱいで眠れない人によく効きます。コーヒー豆から作られていて、コフィアは実際、コーヒーを取りすぎの人にとって「解毒」効果があります。

パシフローラ
過剰に活動的な気持ちには、パシフローラが聞きます。子供たち、お年寄り、そして眠りが浅い全ての人にとってよく効きます。パッション・フラワーから作られていて、疲労と、働きすぎから、落ち着きがなく、眠れない人によく効きます。