Posted on

不眠症が夫婦や恋人同士の関係に影響すること


不眠症が夫婦や恋人同士の関係に影響すること

不眠が夫婦や恋人同士に影響すること

不眠症に悩まされる時、あなたの家族、特にあなたのパートナーも、一緒に悩みを抱えることになります。不眠症が家族に及ぼす影響は、病気の治療を長期間にわたり行っている闘病者のパートナーや伴侶の家族が受ける影響と似ていることが、多くの調査で分かっています。不眠症がパートナーとの関係に与える影響は、家族生活のすべての面に現れてきます。

まず第一に、あなたが眠れないのであれば、あなたのパートナーにも影響が及びます。とりわけベッドで一緒に眠っている場合や、あるいは夜を通して相手の眠りを妨げる場合は特にそうです。相手自身も不眠症になって、2人とも日中を疲れ果てた気分で不機嫌に過ごすことになりかねません。

不眠症により、人は何かを認識する事にも困難を感じてきます。あまり知られていないことですが、カップルの関係に影響する不眠症の弊害の中に、伴侶やパートナーの判断に大きく依存してしまうことがあります。脳が充分休んでいない時、問題に対して想像力を発揮して考える能力を失い、まず最も目の前にあるオプションを選択してしまいがちです。
不眠症になると、人は小さな決断をする事も非常に困難だと感じます。それは不休の脳が、物事の細部を関連付けられなくなるからです。「朝ごはんは何にする?」のようなほんの単純な決定に対しても、不眠症を患っている人にとっては、途方もなく難しく激しいストレスを引き起こす決断なのです。

不眠症が人間関係に影響するもう一つ別の問題として、小さな出来事を覚えていられないということがあります。毎日やっていることを忘れてしまったり、誕生日や記念日といった大切なイベントを覚えていられないのです。このように記憶を喪失した状態で生活していては、パートナーはまるで自分だけが一日の仕事をやっているように感じてしまいます。
またセックスの問題にいたっても、不眠症はパートナーとの関係に激しく影響してきます。不眠症により、性欲が減退することはよく知られています。不眠症により性欲を感じないと、その人のパートナーも当然困ってきます。このような状態では、どちら側も苛々し、無視されていると感じ、2人の関係は緊張を含んできます。
それでは、不眠症が2人の関係の弊害になっていると感じている場合、いったいどんなことができるでしょうか?

  • 問題について話し合いましょう。起こっていることを無視しても、関係の回復には繋がりません。パートナーと眠りの問題について、一緒に解決するために何ができるか、話し合ってください。
  • 医療的な助けを探しましょう。医者や睡眠専門家が、いくつかの方法やアドバイスを与えてくれることは多いのです。
  • 相手を非難しない。相手のせいにしてはいけません。不眠症は誰のせいでもありません。お互いを非難するかわりに、問題の解決を2人で取り組むのです。
  • ハーブの睡眠補助レメディを試してみてください。有害な副作用なしに、眠りを助けるはずです。

不眠症が人との関係に与える影響は、家庭と家族のあらゆる面に及びますが、パートナーと家族のサポートと手助けによって、この問題を克服することができます。眠れない夜に、永久にさよならするのです。

ナチュロパスから
ハーブ、ホメオパシーレメディ、フラワーエッセンス、サプリメントは、ストレスや不安感、不眠を和らげ、生活の活性化と幸福感を高める効果があります。