Posted on

ぐっすり眠って脳のお掃除


ぐっすり眠って脳のお掃除

ぐっすり眠って脳のお掃除

人はなぜ眠るのでしょうか?ロチェスター大学の研究室を率いるメイケン・ニーダーガード博士が行ったマウスの実験により、この答えが解明されるかもしれません。

彼女が行ったマウスの実験で、眠っているときと起きているときでは、脳細胞は大きく変わると発表されました。眠っている時、脳細胞は縮小し、細胞間の空間が60パーセントも広がり、脳脊髄液(一般に脳漿と呼ばれる)が、起きている時と比べ10倍も早く流れるというのです。

そしてこの脳脊髄液が、脳細胞が大量生産する分子レベルの不要な排出物を、ディッシュウォッシャーのごとく、脳から流し出すというのが博士の結論です。アルツハイマーに関係するとされる毒性たんぱく質を使った実験でも、眠っているマウスの方が、この毒性を素早く脳から除去することが実証されたということです。

「家でホームパーティをする時のことを考えてみてください。お客様をもてなして、パーティが終われば後始末をしなくてはいけません。けれども、お客様をもてなしながら、それと同時に後片付けはできませんよね」

悩み事、心配事、ストレス、健康の問題、人はいろいろな理由で不眠症になります。ぐっすり眠って脳をキレイにして、それらの問題に立ち向かいましょう。

ベッドの中で何時間も眠れない時を過ごすことほど、辛いことはありません。

そしてその翌朝目覚めた時、同じ問題を抱えたまま、疲れた脳でそれらのストレスに対応していかなくてはならないのです。

このサイクルにさよならしましょう!
一日中活動している脳には不要物がたまります。脳が活動を休めて掃除する時間を作ることが、非常に大切です。

眠れない方、朝起きてもすっきりしない方、スリープドロップスを試してみませんか? まずは、5週間試してみてください。