Posted on

眠れないと悩むお年寄りのためのヒント


眠れないと悩むお年寄りのためのヒント

お年寄りと不眠

年を取るにつれて、私たちの睡眠パターンは変わってきます。加齢に伴う変化は自然なことなのですが、定年で職を退いたり、健康の問題があったり、過敏になったり、悲嘆的になったり、うつ病の症状をみせたり、体が変わってきたり、これらのようなことは、眠る能力に影響するのです。不眠症はお年寄りには非常によくある症状ですし、また生活の質に大きく影響します。

多くのお年寄りはよく眠れないと感じています。通常お年寄りも、若い人と同じだけ眠りますが、その眠りは若い人ほど深くありません。

快く眠るまで時間がかかるし、ちょっとした音や温度の変化で簡単に目が覚めてしまいます。

日中に動くことが少なくなり、することもなくなり、昼寝がお年寄りの日課となりますが、これが不眠症の原因となり得ます。日中眠りすぎることで、夜眠れなくなるのです。

医薬品障害も、お年寄りが不眠症になる原因です。関節炎の痛みで一晩中起きていることも。心臓の問題で息切れを起こし、それが不眠症を誘発することもあります。病気による膀胱の問題、便秘、薬の副作用が不快感をもたらし、アレルギーや鼻炎を併発します。うつ病などの心理的な状態、認知症、精神病も不眠症の原因です。

要するに65歳以上の半数が不眠症のなんらかの症状を持っているのは、驚くには値しないことなのです。

不眠症の原因にもよりますが、実際多くの治療法があります。生活習慣を変えることは、大きな違いをもたらします。アルコールやカフェインを控える、定期的な運動、禁煙、早くまたは遅く眠る、日中の昼寝を止める、これらのことは、睡眠パターンにポジティブな影響を与えます。

睡眠薬は、めまい、吐き気、平衡感覚障害、集中力の欠乏、日中の眠気など、悪い副作用があります。医師は積極的にはお年寄りに睡眠薬を処方しませんが、それは他の薬品と混ざると悪いリアクションを起こすからです。睡眠薬は、通常アンチヒスタミンで、他の薬品と混ぜるべきではないので、よくありません。

一方、ハーブの睡眠レメディは、副作用なく不眠症を改善します。安価でシンプルかつヘルシーな不眠症改善レメディをお探しなら、ハーブの睡眠レメディ、スリープドロップスをどうぞ。もし何らかの薬物治療中でしたら、ハーブのサプリメントをお取りになる前に、かかりつけの医師にご相談ください。

ナチュロパスからのヒント:ハーブ、ホメオパシーレメディ、フラワーエッセンスは、お年寄りの安眠を助けます。マグネシウムのような神経系のための栄養を取ることも役立ちます。

睡眠薬に依存しない、ハーブの睡眠サポートはいかがですか?