Posted on

思春期の少女は不眠症になりやすい


思春期の少女は不眠症になりやすい

思春期の少女と不眠

10代の少女は初潮が始まると同時に不眠症になることがしばしばあります。多くの調査では、女性の方が男性よりも不眠症になりやすいという結果が上がっていますが、これは一生を通じて体のホルモンが変わることに基づきます。
思春期の不眠症

アメリカの小児科専門誌での研究結果では、13歳から16歳の少女の11パーセントが不眠症に悩まされていることが分かっています。そしてそのほとんどが、11歳 -多くの少女の月経が始まる年齢-の時に眠りの問題を持ち始めまています。11歳に満たない少女と少年が不眠症になる可能性はほぼ同じですが、この年齢を超えると、少女が不眠症になる危険ははるかに高くなります。

非常に多くの思春期のティーンエイジャーの少女が、不眠症を患います。学校の課題、異性、社会的な環境をめぐるストレスが、睡眠不足の原因となるのです。ティーンたちは電話でのおしゃべりや、インターネットなどで夜更かししがちなことに加えて、パーティーでドラッグやアルコールを経験し始めます。これらの全てが不眠症の原因となりうるのです。

思春期の少女が不眠症を改善して、よりよく眠るためには、さまざまな方法があります。

  • 多くの少女は運動不足です。1日に1時間程度体を動かすこと(ただし遅くとも眠る4時間以上前)により、体は夜に休息を強く求めるようになります。ベッドに入ってすぐ眠りに落ち、より深く眠れるようになるのです。
  • アルコールやカフェイン(炭酸水、チョコレートや栄養強壮剤飲料を含む)、または油の多く糖分の高い食べ物を、眠る前に取らないこと。これらの飲料水や食物は、体を活気づけてしまいます。
  • 部屋はほどよく涼しく、暗く、快適であること。
  • 思春期を向かえたら、きょうだいとは別の部屋で眠ることは効果があります。きょうだいとずっと同じ部屋で眠っていても、年頃になると急にそれが難しく感じます。
  • 刺激のある機器、コンピュータ、テレビ、電話などを寝室に置かないこと。寝室は寝るためだけにあります。
  • ベッドに入る前に、読書や瞑想、お風呂に入るなどしてリラックスしましょう。
  • 栄養バランスのよい食事をしましょう。ただし寝る前には食べないこと。
    安眠効果のあるハーブの睡眠薬を取りましょう。副作用はなく、思春期のまだ弱い免疫力やホルモンシステムに悪い影響を与えません。

少女の10代は、そのホルモンの成長と体や環境の自然な変化のために、不眠症になりやすい時期です。しかしこれは成長過程では自然なことであることを認識してくださいね。

スリープ&アンチストレス サプリメントWith タルトチェリー

エナジードリンクやコーラの代わりに、タルトチェリーのスリープ&アンチストレス サプリメントはいかがでしょう? ストレスを軽減するようデザインされてるパウダーサプリメントです。
お水に溶かしてジュースのように美味しく飲めます。