Posted on

朝をさわやかに迎えるための9つの方法。習慣を変えて人生を変える。


朝をさわやかに迎えるための9つの方法。習慣を変えて人生を変える。

爽やかな目覚め

あなたは一日の始まりをどんな気分で迎えますか?
何だか疲れがとれずボーっとしていたり、明るい窓の外とは反対に気分が沈んで動く気がしなかったり、ベッドから抜け出るのが辛い。。。。そう感じてますか?
でもちょっと習慣を変えるだけで、苦手な朝を素敵な朝にすることもできます。ぐっすりしっかり眠った翌朝は、寝ざめもよく、起きるのにも抵抗を感じないはずです。爽やかな気分で一日を始めてみませんか?
朝起きるのが楽しみなる、そんな習慣を作ってみましょう!

1. 目覚まし時計に頼りすぎない

スヌーズ機能は便利なようですが、かえって体が疲れてしまうこともあります。また、まだ眠れるのにアラームに起こされ逆にイライラしてしまうこともありませんか?
またいつも同じ時間に寝起きすることはとてもいいことです。もし毎日同じ時間に起きて、毎晩同じ時間に寝ることを習慣づければ、体内時計を一日の周期にシンクロできます。朝は自然に目を覚まし、夜も自然に眠くなるサイクルを体に覚えさせましょう。

2. 光を浴びましょう

朝目を覚ましたら、カーテンやブラインドを開けましょう。あるいは外に出るのもいいです。自然光は、眠っていたあなたの脳を起こし、体内時計を一日の周期に沿って動かします。光を発する目覚まし時計もいいものですよ。うるさい音よりイライラしません。
午前中は頭が働かないとか、季節の変わり目によって気持ちの浮き沈みが激しくなるとか、落ち込みがひどいとか、そんな症状に悩まされているのなら、光目覚ましはいかがでしょうか?気分も上向きになり、目が覚めてゆきますよ。

3. 朝はちょっと贅沢に

「布団の中にいたい」「もっと寝ていたい」という欲望に打ち勝つために、何か朝起るのが楽しみになるようなことをしましょう。美味しい朝食を取りながらお気に入りのサイトを見るとか、景色のいい公園を散歩するとか。わくわくして、脳を起こし、眠気をなくしましょう。

4. 軽い運動

跳んだりはねたり走ったりの運動は、血行を良くし神経系を活性化します。運動している時も、した後も気分はとてもいいはずです。
ただし少なくともベッドに入る数時間前には運動を終えるようにしましょう。眠る直前の運動は、寝つきが悪い原因となります。

5. 朝ごはん

食欲がないかもしれませんが、一口でも何か食べてみませんか?卵とパン一切れとか、ベリー入りヨーグルトとか。体が活動を起こすために、エネルギーを補充してあげてください。朝ごはんを抜くと集中力も低下しがちです。

6. 寝る前は暗く

夜になると脳はメラトニンというホルモンをさかんに分泌し、それにより人は眠くなります。ところが明るい光は、このメラトニンを減らしてしまうのです。ここでいう光と言うのは、電気だけではありません。スマートフォン、パソコン、テレビから発せられる光線も、メラトニンの生成を遅らせます。
お部屋の電気は暗く、少なくとも眠る1時間前には、コンピュータのスイッチは切りましょう。

7. アルコールは控えめに

お酒を飲むと確かに眠くなりますが、夜中に目を覚ましてしまいます。また朝起きた時もひどく疲れた感じがするでしょう。
適度なお酒は悪くはありませんが、飲むのはディナーの時。眠る2,3時間前には飲まないようにしましょう。

8. メラトニンを補給

メラトニンは夜暗くなって、網膜が受け取る光の量が減ると分泌されるホルモンです。副交感神経の働きを高め、あなたを眠りに導いてくれます。気持ちが高ぶったり、緊張して眠れないときは、メラトニンが正常に分泌されていません。
睡眠には必要な物質で、サプリメントで摂取することもできますが、人口合成のメラトニンサプリメントは必要以上の大量のメラトニンを含んでいる場合もあります。
人に必要なメラトニンは、本来体内で生成できる範囲でいいのですから、ごく微量です。安全な信頼のおける製品をお選びください。

9. 眠る前のくつろぐ時間

眠る前はリラックスして、ほっこりした気分でくつろいでください。メールをチェックしたり、家族やパートナーとのトゲトゲした会話は避けましょう。暖かいお風呂、ストレッチ、読書など、いい気分になる小さなことをしましょう。あなたが一番大切にしている人のことを、思い浮かべるだけでも、心が優しくほんわりしてきますよ。
今日も一日がんばりましたね。

毎日一生懸命なあなたにとって、夜しっかりぐっすり眠ることは何よりも大切です。自分にご褒美をあげるつもりで、夜は余裕をもってくつろぐ時間を作ってみてください。明日も素敵な一日があなたを待っていますように。

スリープドロップス カースティン・テイラー

スリープドロップスの開発者
ナチュロパス、カースティン・テイラー