Posted on

子供達の不安症

不安な子供

子供達の不安症

不安な子供

ストレスや不安感は、大人だけが感じるものではありません。大人達の社会と同様に、子供達にも子供達の社会があります。学校で、塾で、スポーツクラブ、習い事の教室で、外部からの激しいプレッシャーを受け、ストレスに苛まれているかもしれません。

不安症を患っている場合は、困難や毎日のストレスに耐えることができず、放っておくと不眠、頭痛、腹痛、消化器系の障害など、身体的な問題に発展してゆく可能性もあります。また、集中力の欠落から怪我をしたり、イライラしていたり、いつも疲れていたり、情緒的にも不安定になってきます。

夜眠れない、朝起きれない、学校に行きたがらない、お子さんの心には何が起こっているのでしょう? その気持ちを理解するために、あなたはどんなことができるでしょうか?

スキンシップと会話

優しくさすってあげたり、なでてあげたりしながら、おしゃべりしてみてください。学校で起こったこと、今日習ったこと、友達と何をして遊んだか、たわいないことでいいのです。子供はお父さんやお母さんが大好きです。その大好きなあなたが傍にいて、自分のことを見守ってくれる、「一人じゃないんだ」と感じることで、子供は大きな安心感を抱くことができます。

家庭環境

家の中で誰かがいつも怒鳴っていたり、ケンカばかりしているような殺伐な雰囲気では、子供ももちろん落ち着きません。「お家は安心安全な場所」と子供が感じる家にすることが大切です。辛いことや嫌なことが外であっても、家では守ってくれる誰かが待っている。家庭はそういう場所であって欲しいものです。

睡眠

ストレスの大きさは、睡眠の様子に顕著に現れます。子供がリラックスして眠れるように気をつけてあげてください。眠る時間は決めて、夜更かしはさせないようにします。ベッドに入る直前までテレビを観たり、ゲームをしたりしないように。その代わりに本を読んだり、親子で会話したり、心が和む時間を持ってください。

サプリメント

栄養のあるバランスのよい食生活は、子供の成長に何よりも大切な習慣の一つです。しかし、質の高い栄養を必要な量ほど、毎日食べ物から取得するのは困難です。
目が回るほど忙しい生活の中、インスタント食品や調理済み食品を使わないわけにはいきません。また促成栽培や化学薬品による肥料で栽培された野菜や果物自体に含まれるミネラルも昔ほど多くはありません。
マグネシウム、亜鉛、カルシウム、ビタミンB、ビタミンCは、成長を助け、ストレスに立ち向かえるようにしてくれます。