Posted on

寝ているときにしゃべる、叫ぶ -寝言について


寝ているときにしゃべる、叫ぶ ~ 寝言について~

眠る女性

寝言は病気とはみなされていません。何が原因で寝ている時にしゃべるのかは、分かってはいませんが、潜在意識が語らせるのかもしれませんね。実際、驚くほど明瞭に何かをしゃべる人もいますが、多くの場合は聞き取れないくらいのムニャムニャだけのようです。

ただ、非常に大声で何か叫んだり、恐ろしい声で怒鳴ったり、そばで寝ているパートナーやルームメイトが心配になるほどの寝言もあります。

寝言を言う方は、通常は何も覚えていないものですが、あなた自身、あるいはあなたのパートナーの場合はどうですか?
寝言に関してのあなたの疑問にお答えします。

寝言って何?

夜眠っているときに何か話すのが寝言です。睡眠時異常行動の一種とされています。普通に起こることなので、多くの場合病気とはみなされていません。

ただそれを聞く人は、攻撃的に感じたり、品がないと感じたりします。通常は1度に30秒を超えることはありませんが、長くそして夜何度もしゃべる人もいます。

非常に雄弁であったり、耳をふさぎたくなるほどの罵詈雑言であったり、ムニャムニャと聞き取りづらいときもあります。意味は成さない単なる音であったり、長いスピーチのようであることもあります。通常は独り言が多いようです。しかし時々は、誰かとひそひそと会話しているようなこともありますし、「ギャー」と叫ぶようなこともあるようです。

寝言を言うのはどんな人?

寝言を言う人はたくさんいます。特に小さな子供には多く見られます。3歳から10歳までの幼い子供たちの約半数は、眠っている時誰かと話をしているようなこともあります。

そして約5%の大人も寝言、または何らかの声を立てると言われています。

男女差はほぼないようです。ある専門家は、遺伝的なものもあるとしています。

寝言の原因とされるもの

よく人が考えるのが、夢でうなされて寝言をいうのでは?ということですが、しかし寝言が悪夢と関連しているかは、まだ科学的に証明されてはいません。

寝言自体に弊害はありません(となりで眠っている人を除いてですが)。しかし、可能性としてはさらに深刻な睡眠障害や、健康問題の予兆であることもあります。

レム睡眠行動障害(REM sleep behaviour disorder , RBD)と夜驚症(やきょうしょう)は、眠っている間に人が叫ぶ睡眠障害の一種です。

夜驚症は一般的には子供のものとされていますが、症状としては恐怖で叫んだり、手足をばたばたさせたり、蹴ったりなどの言動があがっています。夜驚症の人を起こすのは困難です。夜驚症の子供たちの中には、話したり、また歩き回ったりさえすることがあります。

普通夢を見るときは、映像を頭に描くことはしますが、体は寝た姿勢のまま止まっています。夢の中で何かに追いかけられていても、実際に走り出したり起き上がったりはしません。しかしレム睡眠行動障害は、眠っているのに歩き出したり、手足を動かしたり、行動を生じる症状です。しばしは凶暴になることもあります。

寝言の原因と考えられているものは

  • 感情的なストレス
  • トラウマ
  • 発熱
  • こころの障害、うつ
  • 薬物の乱用
  • お酒

どうやったら治る?

どうしても心配な場合、睡眠スペシャリストに相談するのが一番です。

おそらくそこで、あなたがどのくらいの間寝言を言い続けているか尋ねられるでしょう。自分ではよくわからない場合、パートナーやルームメイトに訊いてみてください。またはあなた自身のご両親にも。実は子供のころからずっと寝言を言っていたのかもしれません。

お子さんが眠りの問題を抱えているとお感じなら、小児科医にご相談ください。

通常寝言は治療はあまり必要ではありません。しかし寝言があまりにも多い背景には、更に深刻な睡眠障害、病状が隠れているかもしれません。これらは治療が可能です。お医者さまに相談しましょう。

どうやったら寝言は減るの?

明確な方法は残念ながらありません。ストレスを避けて、規則正しく十分眠ることがよいとされています。
ただ自分の寝言の原因を真剣に知りたいと思っている方には、睡眠日記がお勧めです。

日記に記すのは、ベッドに入った時間、実際に眠りに落ちた時間(わかりづらいですが、だいたいの時間でも)、夜中に目が覚めたらその時間、再び眠りに入った時間、起きた時間です。その日に食べたり飲んだりしたもの、運動なども書くとよりベターです。

とりあえず2週間つけてみます。何かパターンが浮かんできませんか?

スリープドロップス カースティン・テイラー

スリープドロップスの開発者
ナチュロパス、カースティン・テイラー

ぐっすり眠る事で、人は健康で幸せになる。
そんな願いを込めて、スリープドロップスを作りました。