Posted on

今すぐ、が大事。即効でできる効果的なストレス解消方法

今すぐ、が大事。即効でできる効果的なストレス解消方法

ストレス

ストレスは恐ろしい敵です。
あなたの気持ちを落ち込ませ、怒りっぽくしたり、無気力にしたり、あげくは自己嫌悪におちいらせ、行き場のないやるせない気持ちで、あなたを徹底的にいじめ、ボロボロにします。

ストレスに押しつぶされたあなたは、判断力を奪われ、誤った決断を繰り返し、友人や家族を傷つけ、人間関係を壊し、自分自身をさらに悪い状況へ追い込みます。

運悪く大きな事故や、事件などにつながることになれば、取り返しのつかない不幸をあなたに背負わせることにもなります。

「助けてー」と訴える、あなたの心を体の声を無視せずに。今、すぐ、解消法を試してみましょう。

スリープドロップスって?

心をリラックスさせる方法

1.感情を吐き出す

話す、笑う、泣く、怒りを表す。心の中に溜まりに溜まった鬱屈を、一気に吐き出します。

友達、家族、カウンセラーなど、聞き手があるとベターですが、いない時は一人の部屋でもできます。誰も聞いている人がいない分、反って大胆に言いたいことが言えるかもしれません。

ため込んでいる不満や怒りを言葉にしてみましょう。ストレスの元がどこにあるのか、明確になります。

笑うのも非常にいい発散方法です。楽しくなくても、笑ってみます。笑うことが体内で幸福感を味わえる物質を分泌することは、多くの学術者が唱えていることでもあります。

2.書く

紙とペンがあればすぐできます。

あなたの心を悩ませているものを紙に書き出してみます。キーボードをたたくよりも、実際にノートに自分の字で書くのをおススメします。

一日10分から15分、ストレスを感じた出来事、あなたがそれに対してどう感じているか、ストレスを感じることで体にどのような変化が起こっているか、どうやって解消しているか、などなど。

これらで、何があなたのストレスの元になっているか、どのくらいストレスを感じているかを認識でき、それによりこのストレスを対処することにつながります。

3.楽しいことをする

忙しすぎてそんな時間ない!と思うかもしれませんね。でも、ちょっと考えてみて。あなたが大好きなことをする時間を作ることは、あなたの心に余裕を与え、あなたの生産性を高めることにつながります。

忙しさの奴隷になっていると、幸せも逃げてゆきます。

例えばこんなこと

  • ガーデニング、散歩などの趣味
  • 文章を書いたり、手芸、クラフト作り、絵を描くなど、かクリエイティブなこと
  • ペットと遊ぶ
  • ボランティア活動に参加する

4.今、に集中する

人は嫌な思いをしたことや、イライラしたことを、何度も何度も頭の中で反芻するのが得意です。

また、将来に対する不安を抱き、絶望感や孤独感で心を苛まれることもあります。

今、ここであなたが行っていることだけに集中してみます。瞑想でこの訓練ができます。

あなたが瞑想するとき、あなたは今この場で起こっていることに集中します。生きるために不可欠な息を吸って、吐くというシンプルな行為に意識を集中します。

過去に起こったこと、その時感じた感情を再現するのではなく、今ここで起きていることに集中します。

体をリラックスさせる方法

1.運動

規則的な運動は、ストレスを軽減する最善の方法です。

「歩く」は大変手軽にでき、すぐに始めることができ、効果も大きい優れた方法です。何もスポーツクラブに通うことはありません。

毎日行っていること、家事、掃除、庭仕事、体を動かすことは、ストレスの軽減につながります。

ストレッチも筋肉の緊張を和らげるのに大いに役立ちます。

2. 深呼吸

ゆっくりと呼吸することは、リラックス効果の高い、いつでもできる非常に簡単な対策です。
数を数えながら息を吸って、吐いて、その数を少しずつ増やしてゆきます。息を吸う時9つまで、吐くときに11まで数えるくらい長くします。

できるだけゆっくり、時間をかけてゆきましょう。

まとめ

真面目でいつも一生懸命なあなたは、自分自身に対してとても厳しいので、いつも「悪いのはわたし。私だけがうまくできてない」と思っているのではありませんか?

そんなことないですよ。完璧に見える人でも、あなたと同じように、「いろんなことができていない」と悩みを抱えているはずです。

行き詰ったら、少しの時間でいいので、ちょっと立ち止まって、周りを見てみましょう。今まで見えなかったものが見えてくるかもしれませんよ。

Posted on

飲みすぎ、二日酔いで眠れない-お酒に酔わないための効果的な対策

飲みすぎ、二日酔いで眠れない-お酒に酔わないための効果的な対策

飲みすぎて眠れない

あなたはお酒を飲むのが好きですか? 大好き!と答えるあなたの酒はきっと楽しい酒でしょうね。適度なアルコールは、人を陽気にさせ、ストレスを軽減し、悪いこととは言えません。
しかし、お酒に弱かったり、ほとんど飲めないのに、付き合いで飲み会に参加している人にとっては酒の席は辛いものです。

飲みすぎて気分が悪くなり眠れない、翌日二日酔いで頭が割れるように痛い、こんな事態を避けるためにはどうしたらいいでしょう?取るべき栄養と控えるものを上げてみました。

1.マグネシウム

アルコールはマグネシウムを激減させますが、このことは睡眠、神経系の健康、筋肉(心臓と腸にも)、そして脳に非常に大きく影響するのです。翌日頭痛がするのもこの原因の一つです。

これだけでなく、アルコールは、体のpHバランスを酸性に傾けます。

マグネシウムは体をアルカリ性に保つ働きを持っています。繊維の豊富な野菜をより多くとり、マグネシウムサプリメントを眠る前に飲みましょう。

2.コンブチャ、プロバイオティクス

アルコールやジャンクフードを取りすぎると、腸は不調を起こしやすく、有益で体に良い腸内微生物叢(ちょうないさいきんそう)を取り去ります。腸内微生物叢は、体を健康に、幸せに保っている腸内の善玉菌です。

ですので、プロバイオティクスを、朝食後、夕食後に取るのはとてもいいことです。

または、話題のコンブチャを自分で作ってみるのはいかがですか? 美味しいし、楽しいですよ。少なくとも宴会シーズンが続く12月、1月、または飲み会が続く限り、続けてみてくださいね。

3.お水、ハーブティー

お酒を飲むときは、必ずお水やハーブティーをたくさん飲み、水分を補給します。眠る時は、枕元にコップ一杯のお水を置いておきます。

4.カフェインは控える

飲み会前には、午後2時以降のカフェインは控えます。カフェインは気分を高めますが、肝臓に残ります。エスプレッソ・マティーニも含みますよ。

5.ビタミンC

眠る前の約3000mgのビタミンCサプリメントは、眠っている時に肝臓のデトックスとなります。
抗酸化物質を活性化するハーブ、ミルクシスルやターメリック(日本ではウコンという名で有名ですね)も、肝臓を付加的にサポートします。

あなたの肝臓は、食生活や生活習慣から受ける影響に対してあまり強いとは言えません。
しかし非常に回復力の高い臓器でもあります。
大切に扱い、健全で豊かな食事を与えれば、飲み会続きのシーズンでも体調は絶好調の状態で過ごせるでしょう。

Posted on

寝ない赤ちゃんとねんねトレーニング

寝ない赤ちゃんとねんねトレーニング

ねんねトレーニング

待ち遠しかった出産の日。早く出てきて、かわいい笑顔を見せてほしい、笑い声を聞かせてほしい。楽しみに待っていたその日から、あなたの眠れない夜が始まります。

赤ちゃんはすやすや眠ってばかりと思っていたのに、実はなかなか寝てくれない。寝てもすぐ起きてしまう。ねんねのトレーニングなんて、不要と思っていたけれど、実は必要なのかも。。。そんなあなたのために、この記事をお届けします。

寝ぐずりがひどい。寝たがっているのに、眠れない。どうして?

私たちは朝明るくなると目を覚まし、夜暗くなると眠るという、自然の睡眠サイクルに従って毎日を生活しています。しかし、お母さんの子宮の中で約10か月を過ごして、外の世界にやってきたばかりの赤ちゃんの睡眠サイクルは未発達です。

赤ちゃんは大人よりもずっと長い時間眠りますが、続けて眠る時間は長くありません。一日の中で短い眠りを何度も繰り返します。

赤ちゃんの眠りは、ほとんどがレム睡眠です。レム睡眠とは、眠りのステージの一つの段階で、人が眠り始めて最初にやってくる浅い眠りです。通常健康な大人の場合はこのステージを経て、深い眠りのノンレム睡眠へと移行しますが、睡眠トラブルを抱える人や、赤ちゃんのように体が発達中の小さな子供たちは、レム睡眠を繰り返し、夜も頻繁に目を覚まします。

赤ちゃんは眠ってばかりいて何もしないようですが、実は一生懸命に眠る練習をしています。寝ぐずりがひどいのは、眠りたいのに思うようにうまく眠れず、赤ちゃんなりに四苦八苦しているからだと思ってください。

スリープドロップスって?

一人でねんねをどうやって教えたらいいの?

わが子が一人で眠ってくれるようになる、というのは親として子供の成長を認識する大きなステップではないでしょうか?眠りにつくまで何時間も付き合ったり、目が覚めるたびに泣かれてそばに寄り添ったりするのは、親の方も辛いですね。

毎日の寝かしつけは、繰り返し同じ手順で行います。お布団に入れたら、優しくポンポンしたり、軽く話かけたり、絵本を読んであげたり、毎日同じことを繰り返しましょう。

赤ちゃんは習慣が好きです。次に何が起こるか予想がつくことは、安心できてストレスの少ないことです。いつもと違うことが起こると、赤ちゃんは不安になり混乱します。

いつも同じ環境、いつも同じ手順で、お母さんやお父さんとの温かいスキンシップを感じながら眠りにつくことを覚えると、赤ちゃんの脳の中で、眠ることと安らぎが深く関連付けられ、一人で眠ることも好きになってくれます。

赤ちゃんが眠たがっているタイミングは?

眠りたいのか、ぐずぐず言っているだけなのかわからない時ってありますよね。
赤ちゃんが眠りたいときのサインはいくつかあります。

  • 目をごしごしする
  • あくびしたり、のびをしたりする
  • おもちゃや遊びに興味を失い、静かになる
  • だっこをせがんで、周囲に背をむける
  • 何となくぼんやりした様子
  • 耳をひっぱったり、頭をかいたりする

こんなサインを見たら、赤ちゃんをお布団に入れて寝かせましょう。

小さいのに宵っ張り。直すべき?

大人が眠る時間でも、赤ちゃんがぱっちり目をあけて眠くないような時は、「夜は眠る時間」ということを教えてあげましょう。

昼と夜の違いを教える方法は

  • 朝起きた時に、パジャマから昼の洋服に着替えさせる
  • 起きたらちょっと遊んでやる
  • 朝カーテンを開いて日光を部屋に取り入れる
  • 日中は、元気に活動させる
  • 夜は静かに、部屋を暗くする
  • 夜の遊びはあまり興奮させない
  • 眠る前にはパジャマに着替えさせる

朝と夜の違いを小さなころから認識させ、早寝早起き習慣を作ってあげることは、その後の子供の心身の健康、お行儀、学校の成績、体力、好奇心、知性にさえ大きく影響します。

睡眠はそれほど重要な、人間の大切な営みです。

赤ちゃんが決まった時間に目覚めるとき

毎晩同じ時間に目を覚まして泣き出すような場合、「起きるかな」というタイミングを見計らって、赤ちゃんがそのまま寝続けるようあやしてあげます。

抱き上げたりはせず、ベッドに寝かしたまま、シー、シーと優しくささやいたり、軽く背中をたたいてあげたり、なでたりして、子供があなたを傍に感じて、安心して眠りに戻っていけるようしてあげます。

まとめ

赤ちゃん、小さな子供たちが、夜を怖がらずに一人で夜通し寝てくれるのは、実は素晴らしいことです。小さなころから、正しい睡眠を体得させるために、積極的にねんねトレーニング、入眠儀式などを取り入れてください。
家事、育児でいっぱいいっぱいのお母さんにとっても、親子で楽しむちょっとした入眠儀式は、リラックスできて、心の和む優しい時間となって、お子さんが大きくなった後もずっと心の中に残っているはずですよ。

Posted on

自然の力で安眠を!「SleepDrops」が日本人の不眠を救う!?

自然の力で安眠を!「SleepDrops」が日本人の不眠を救う!?

以下は2016年10月に、日本の睡眠情報サイトfuminnersからカースティンが受けたインタビューの内容です。サイトには載っていないコメントも掲載しました。ぜひ読んでくださいね。

ナチュラル睡眠スペシャリスト、カースティン・テイラー
ナチュラル睡眠スペシャリスト、カースティン・テイラー

「SleepDrops」はどのような商品でしょうか?

スリープドロップスは、世界で初めて自然療法士の資格を持つ睡眠スペシャリストによって開発された製品です。

ハーブ、ホメオパシー、栄養成分、フラワーエッセンスを配合しています。天然の薬ともいえる自然由来の成分を、洗練された手法で配合することにより、私、カースティン・テイラーが、人々が早く眠りに入れるよう、そして飲んでいる薬にも影響がないように、これらの製品を作り出しました。安全かつ効果的、品質の大切さはそこです。

スリープドロップスは、人々の眠りの様々な側面をサポートします。成分のすべては自然由来のもので、眠りに対して非常にうまく働きかけ、優れた結果に繋がる癒し力の高い製品です。

スリープドロップス【大人用】
スリープドロップス【大人用】

どのような経緯で開発されたのでしょうか?
また、開発の際に特にこだわったポイントや苦労した点を教えてください。

私は自然療法士(ナチュロパス)として、自分のクリニックを運営していましたが、その時非常に多くの人々が、眠りの問題を抱えてやってきました。私は、自然由来の薬を用いて、人々がうまく眠れるように工夫して調合しながら、製品を開発改善していったのです。そうした中で、寝つきが悪い、眠りが浅いという同じ種類の悩みも、人それぞれに性質が違うということに気づきました。これは、一つの製品ですべてを解決しようとしてもダメだ、と気づいたのです。眠れない人々それぞれの症状にあったサポートをしなければと。

こうして私は異なる種類の製品を、適切なシーンや時間帯で取れるように一連の製品をデザインし、単独で取ったり、組み合わせて取ったりできるようにしました。
全ての製品を開発し、90%以上の人々に効き目が出るレベルに引き上げるまでには7年以上かかりました。
ある一点を見るだけでなく、全体の成分の相乗作用、各成分がそれぞれにうまく働きかけ、最もいい効果が生まれるようにしたことです。

どのくらいの種類があるのでしょうか?

スリープドロップス全種類

それぞれ、どのような味なのでしょうか。

どれも美味しい味です。美味しくて取りやすく、且つ効き目もあるようよく研究しました。味も楽しみながらご使用いただくことを考慮したんです。
ドロップスそれぞれには、多くのハーブが配合されていますので、お口の中に広がるほんのりした味をワクワクと感じていただきたいのです。基本となるのはオーガニックココナッツとグリセリンです。子供達も大好きです。

累計販売個数や販売されている国数など、販売状況を教えてください。

今年になるまでニュージーランド国内の販売に主に注力していました。
この3年間ニュージーランドでナンバー1のブランドとして、毎晩眠れない人々を助けてきたことに誇りに感じています。 国内では年間7万本以上を販売しています。(これはニュージーランド全体の人口がわずか約450万人であることを考慮すると大きな数字です)
ウェブサイトからは世界中に向けて毎日販売していますし、また、シンガポールのビジネスパートナーを通じて、ドラッグストアのガーディアンズとワトソンズでスリープドロップスを販売しています。

さらに香港とクェートにも向けて初出荷をしたばかりですし、フィリピンの会社とも契約しました。他にもトリニダード・トバゴにも小口の契約をしている会社があります。

日本に向けても、弊社で日本語ウェブサイトを作成しこの3年間販売を続けていますが、正式に日本で販売するためのビジネスパートナーを目下探しています。私は最近日本を訪れましたが、薬局やヘルスストアでの睡眠サポートが非常に少ないことに衝撃を受けました。

ニュージーランドではどのようなところで買えるのでしょうか?(スーパーなどで気軽に買えるのでしょうか?)

スリープドロップスはニュージーランドのナンバー1ブランドですので、国内ほぼ100%どのドラッグストア、ヘルスショップでも簡単に買えます。もちろんオンラインからでも買うことができます。発送は無料です。

「SleepDrops」のとり方について詳しく教えてください。

デイタイムリバイブ
ふたに付いたドロッパーで垂らすだけ。

スリープ&アンチストレスサプリメントは、パウダー状のサプリで、眠る前にコップのお水に溶かして飲みます。簡単ですね。
液状のスリープドロップスは、状況によってさまざまですが、基本的には寝る準備を始める時に飲みます。特別大きなストレスを感じている時は少し余分に、眠る前に疲れていて眠気モードに入っている時は5滴くらい。。。便利なのは、毎晩就寝前の体調や気分によって、自分に合うよう調整して取れることです。

眠れないかもしれない、と心配ならば、ベッドに入る2時間前からとり始めます。そうやってリラックスすると、眠気を感じてきて、くよくよした気持ちも薄れ、入眠がより楽になります。
ご両親方は同じように、子供たちに対して子供用のドロップスをあげることができます。子供たちが興奮しすぎている時は、ベッドに入れる1,2時間前にドロップスを与えます。十分疲れてくたくたな様子の時は、寝かしつけてお部屋の明かりを消す直前に与えます。簡単でとても便利です。

効果はいつごろ現れますか?
個人差はあると思いますが、目安を教えていただきたいです。

おっしゃるように人それぞれで違います。スリープドロップスは薬ではありません。体が嫌がることを無理やり矯正するのではないのです。効果が現れるまで、安心して毎晩続けて飲んでいただけます。

スリープドロップスは眠れない人のバランスを保つと言ったらいいでしょうか。

たとえ話をしましょう。
銀行口座の残高以上のお金を引き出してしまった人がいたとします。でも彼がどれだけ借越しているのか、1万円なのか、50万円なのかはわかりません。
スリープドロップスとパウダーのサプリを毎日毎晩取ることは、借越している口座にお金を預け入れているようなものです。少しずつ預金が増えてゆき、口座のバランスがマイナスから”ゼロ”になった時、彼は健全に眠れるようになります。
ですので、最初の夜から眠れるようになる人もいれば、4週間後に眠り始める人もいます。要するにその人の抱えている負債の大きさ次第なのです。

使用を控えた方がいい人はいますか?(アレルギー体質の人や、妊娠中の人など)

使用者からの反応はいかがでしょうか?

カースティン、Westpac 授賞式にて
カースティン、Westpac 授賞式にて

複数の種類を組み合わせて使うこともできるそうですが、オススメの組み合わせがありましたら教えてください。

喜ぶお客さまの声

日本ではこのようなものは売っていないので助かりました。
大分県 D.M さま

入眠が早く楽になり、母も喜んでいます。
滋賀県 町田さま

リラックスして眠りに入れます。
大阪府 たまきさま

朝の目覚めが違います。ストレスにも強くなった感じ。
東京都 のりこさま

ニュージーランドの大自然を感じながら眠ります。
沖縄県 M.Mさま

Posted on

睡眠薬を使わないナチュラルスリープのために

睡眠薬を使わないナチュラルスリープのために

眠れないことはとても辛いことです。何時間も布団の中で寝返りを打って、思い出したくないこと、考えたくないことばかりが頭の中をぐるぐる回っているばかりで、気分転換もできず、暗闇のなかでじっとしているのはゴーモンのように感じる時もあります。
ほんの少しでもいいから意識をなくして眠ることができたらどんなにいいだろう、でも睡眠薬は絶対に避けたい、とあなたも思っていますか?
もしあなたが、不眠の悩みに終止符を打つために、自然にできること、ナチュラルな睡眠サポートをおさがしなら、この記事を読んでくださいね。自然のハーブ、栄養、生活習慣などが、あなたの眠気を呼び覚ます助けになるかもしれません。

眠りによいハーブたち

カモミール

カモミールは何年にもわたり使用されてきた人気のあるハーブのスリープレメディです。このハーブは、炎症を抑え、抗菌性があるとされています。

ジャーマンカモミールは、お茶にして飲むことで有名です。ローマンカモミールは苦みがあり、染色にも利用されます。どちらの種類も、気持ちを落ち着かせる作用があり、あなたをリラックスさせ、夜の眠りに入りやすくしてくれます。

カモミール
パッションフラワー

ホップ

ビールを思い出す方も多いでしょうね。でもホップにはメディカルハーブとしての長い歴史があるんですよ。
睡眠と関連するヨーロッパの昔話があります。ホップの摘み取り農場で働く農夫たちは、何故か仕事中にモーレツに眠気を感じ、頻繁に居眠りしてしまうという現象が見られたそうです。この話の真偽は定かではありませんが、それくらい眠りを促す作用が強いと人々が体験してきたハーブです。
近年になって、ホップの不安を和らげる作用、緊張を緩和し、ストレスを癒す作用が研究されてきました。

ホップ
レモンバーム

レモンバーム

レモンバームは太古から生活に用いられてきた馴染み深いハーブです。「あらゆるものを治療する薬草」とも言われたほどで、ぜんそくから外傷までさまざまな病気やケガに利用されてきました。現在では、ハーブティーなどに使われ、心をリラックスさせることで人気があります。

スリープドロップス【大人用】30ml
スリープドロップス ハーブ成分

自然のハーブで、夜をぐっすり眠ってほしい。
そんな願いから生まれたスリープドロップス

タルトチェリーの効果

眠りに必要な物質で有名なメラトニンは、食べ物から体の中に取り入れることもできます。チェリーはメラトニンを含む食べ物としてよく知られていますね。そしてまたチェリーは、トリプトファンも含んでいます。トリプトファンは、セロトニンを分泌するために必要なアミノ酸です。セロトニンはメラトニンの先行物質でもあります。

寝室と眠る前のルーチン

一晩中さわがしい騒音のする部屋で毎晩眠っていては、もともと健康な眠りを持った人でも不眠症になってしまいます。寝室の環境はとても大切です。
また眠る30分から1時間前には、眠る準備をする時間にします。パソコンやスマホを止めて、シャワーを浴びたり、軽い読み物を読んだり、心からくつろげる何らかの習慣を持ちます。ストレッチやヨガなど、軽く体を動かすのもいいでしょう。

トリプトファンの多い食事

眠りにおいてのトリプトファンの影響は、世界中の主要な睡眠研究所で継続して研究されています。このアミノ酸は、自然のダイエタリー・サプリメント、スリープ・レメディとしては使用されていませんが、食べ物から簡単にとることができます。ターキー、チーズ、ナッツ類、豆類、卵、ミルクなど。また、炭水化物の豊富な食べ物を食べることで、脳のセロトニンレベルを上げることもできます。それにより眠気を促すことができるのです。

Posted on

寝ているときにしゃべる、叫ぶ -寝言について

寝ているときにしゃべる、叫ぶ ~ 寝言について~

眠る女性

寝言は病気とはみなされていません。何が原因で寝ている時にしゃべるのかは、分かってはいませんが、潜在意識が語らせるのかもしれませんね。実際、驚くほど明瞭に何かをしゃべる人もいますが、多くの場合は聞き取れないくらいのムニャムニャだけのようです。

ただ、非常に大声で何か叫んだり、恐ろしい声で怒鳴ったり、そばで寝ているパートナーやルームメイトが心配になるほどの寝言もあります。

寝言を言う方は、通常は何も覚えていないものですが、あなた自身、あるいはあなたのパートナーの場合はどうですか?
寝言に関してのあなたの疑問にお答えします。

寝言って何?

夜眠っているときに何か話すのが寝言です。睡眠時異常行動の一種とされています。普通に起こることなので、多くの場合病気とはみなされていません。

ただそれを聞く人は、攻撃的に感じたり、品がないと感じたりします。通常は1度に30秒を超えることはありませんが、長くそして夜何度もしゃべる人もいます。

非常に雄弁であったり、耳をふさぎたくなるほどの罵詈雑言であったり、ムニャムニャと聞き取りづらいときもあります。意味は成さない単なる音であったり、長いスピーチのようであることもあります。通常は独り言が多いようです。しかし時々は、誰かとひそひそと会話しているようなこともありますし、「ギャー」と叫ぶようなこともあるようです。

寝言を言うのはどんな人?

寝言を言う人はたくさんいます。特に小さな子供には多く見られます。3歳から10歳までの幼い子供たちの約半数は、眠っている時誰かと話をしているようなこともあります。

そして約5%の大人も寝言、または何らかの声を立てると言われています。

男女差はほぼないようです。ある専門家は、遺伝的なものもあるとしています。

寝言の原因とされるもの

よく人が考えるのが、夢でうなされて寝言をいうのでは?ということですが、しかし寝言が悪夢と関連しているかは、まだ科学的に証明されてはいません。

寝言自体に弊害はありません(となりで眠っている人を除いてですが)。しかし、可能性としてはさらに深刻な睡眠障害や、健康問題の予兆であることもあります。

レム睡眠行動障害(REM sleep behaviour disorder , RBD)と夜驚症(やきょうしょう)は、眠っている間に人が叫ぶ睡眠障害の一種です。

夜驚症は一般的には子供のものとされていますが、症状としては恐怖で叫んだり、手足をばたばたさせたり、蹴ったりなどの言動があがっています。夜驚症の人を起こすのは困難です。夜驚症の子供たちの中には、話したり、また歩き回ったりさえすることがあります。

普通夢を見るときは、映像を頭に描くことはしますが、体は寝た姿勢のまま止まっています。夢の中で何かに追いかけられていても、実際に走り出したり起き上がったりはしません。しかしレム睡眠行動障害は、眠っているのに歩き出したり、手足を動かしたり、行動を生じる症状です。しばしは凶暴になることもあります。

寝言の原因と考えられているものは

  • 感情的なストレス
  • トラウマ
  • 発熱
  • こころの障害、うつ
  • 薬物の乱用
  • お酒

どうやったら治る?

どうしても心配な場合、睡眠スペシャリストに相談するのが一番です。

おそらくそこで、あなたがどのくらいの間寝言を言い続けているか尋ねられるでしょう。自分ではよくわからない場合、パートナーやルームメイトに訊いてみてください。またはあなた自身のご両親にも。実は子供のころからずっと寝言を言っていたのかもしれません。

お子さんが眠りの問題を抱えているとお感じなら、小児科医にご相談ください。

通常寝言は治療はあまり必要ではありません。しかし寝言があまりにも多い背景には、更に深刻な睡眠障害、病状が隠れているかもしれません。これらは治療が可能です。お医者さまに相談しましょう。

どうやったら寝言は減るの?

明確な方法は残念ながらありません。ストレスを避けて、規則正しく十分眠ることがよいとされています。
ただ自分の寝言の原因を真剣に知りたいと思っている方には、睡眠日記がお勧めです。

日記に記すのは、ベッドに入った時間、実際に眠りに落ちた時間(わかりづらいですが、だいたいの時間でも)、夜中に目が覚めたらその時間、再び眠りに入った時間、起きた時間です。その日に食べたり飲んだりしたもの、運動なども書くとよりベターです。

とりあえず2週間つけてみます。何かパターンが浮かんできませんか?

スリープドロップス カースティン・テイラー

スリープドロップスの開発者
ナチュロパス、カースティン・テイラー

ぐっすり眠る事で、人は健康で幸せになる。
そんな願いを込めて、スリープドロップスを作りました。

Posted on

子供の成長と睡眠の役割 その4 ぐっすり眠った子供たちからはポジティブな結果が

子供の成長と睡眠の役割 その4 ぐっすり眠った子供たちからはポジティブな結果が

ママと赤ちゃん

寝かせつけの習慣はいつも同じことを推奨

寝る-起きるのサイクルは、明るさと暗さに制御されています。このリズムは開発に時間がかかるため、新生児が眠る時間は一定にはなりません。このリズムが確立され始めるのは約6週間くらいからで、6ヵ月までにはほとんどの乳児は規則的な寝る-起きるのサイクルを持っています。3

眠る前の習慣を持つことは、眠る時間と起きる時間の違いを顕著にし、子供自身が眠る時間を認識する能力のサポートとなります。50

しかし、乳児の睡眠サイクルを構築するのは、両親にとっては至難の業と言えるでしょう。小児の睡眠エキスパートと、小児科医は、いつも同じように繰り返される規則的な眠る前の習慣は、睡眠を成功させるための重要な要素であると同意しています。4,25,41

90%以上の小児科医は、子供達の睡眠の質の向上に眠る前の習慣の確立を推奨しています。

眠る前の習慣は、幼児の眠りと、母親のムードにポジティブな影響を及ぼす

乳児や幼児の眠りに対して、また母親のムードに対しての就寝前の習慣の効率性に関して、アメリカで3週間にわたり行われた研究が査定されています。405人の母親と、7カ月から18か月の乳児のグループ、18か月から36カ月の幼児のグループの2つの年齢グループの子供達を対象にしています。これらの子供達をランダムに2つのグループに分けます。一つは、彼らがいつも行っている眠る前の習慣に従います(制御グループ)。もう一つは、1週間の基準期間のあと、2週間をある特定の規則正しい習慣に従い2週間を過ごします。特定の就寝前の習慣は、以下の3ステップです。

  • 提供された入浴製品を使っての風呂
  • 提供されたマッサージ製品を使ってのマッサージ
  • だっこ、歌、子守唄、などの静かな活動

乳児のグループでは、特定の就寝前の習慣は、基準となる期間と比較して、夜起きる時間と回数、そして寝付くまでの時間は、驚くほど減る結果をもたらしました。継続して眠る時間も増加し、そして子供の睡眠を問題視する母親の数も画期的に減ったのです。

睡眠の質と時間の似たような改善は、特定の就寝前の習慣に従った幼児のグループでも見られました。乳児のグループでは、母親のムードも改善されました。これと比較して、制御グループでは睡眠パターンと母親のムードは、基準期間と比べて際立った変化は見られませんでした。重要なのは、この改善は、その後のフォローアップ研究によると、1年後も同様の良い結果が出ていることです。

キーポイント

就寝前の習慣は、長く続けるほど眠りにいい

上記の発見は、数多くの国を含んだな研究(14か国の1万85人の母親。この中にはオーストラリアとニュージーランドの830人の母親が含まれています。)によって支持されています52
規則的な夜の就寝前の習慣(一週間に3回以上行うと定義づけされています)は、幼い子供たち(0歳から5歳までの)の睡眠の改善に関連づけられます。
毎晩の決まった習慣を続けると、早い時間に眠れるようになる、眠つくの時間が短くなる、夜起きる回数が減る、睡眠が続くなど、睡眠の質が向上しています。
親の悩みである子供の夜の睡眠問題と、日中の子供たちの行動の問題(ぐずり、かんしゃくなど)が減少したことは、眠る前の規則的な習慣を確実にしてゆくことと関連しています。
眠る前の習慣を行う頻度もまた重要で、頻繁にすればするほど、睡眠の質が上がります。

さらに、乳児期に眠る前の習慣を確立することは、後の成長段階にも影響してきます。
乳児期に眠る前の習慣を繰り返して眠った経験を持つと、子供時代から睡眠の質が向上し、日中も機嫌よく過ごすのです。眠る前の習慣を子供たちに一貫して続けさせることは、親にとって手軽で、そして短期間にできる非常に意味のあるつけとなるでしょう。

温かいお風呂、マッサージ、子守歌やだっこのような静かな行動といった、いつも変わらない決まった就寝前の習慣は、乳児や幼児の睡眠に多角的な面で効果的な改善を与えます。特に、一旦夜寝てからも目を覚ます、夜続けて眠れないといった点が改善されています。

キーポイント

眠る前の決まった習慣は、乳児、幼児、就学時前の子供たちのよりよい眠りをもたらします。

  • 早い時間に眠る
  • 寝付くまでの時間が短くなる
  • 夜起きる回数が減る
  • 熟睡して眠る時間が長くなる

眠る前の習慣をより頻繁にすればするほど、よりよい結果がもたらされます。
また乳児期の早いうちに実践すれば、よりよい結果がでることになります。

参照

  1. Staples AD, et al. IX. Bedtime routines in early childhood: prevalence, consistency, and associations with nighttime sleep. Monogr Soc Res Child Dev. 2015;80(1):141-59.
  2. Mindell JA, et al. Long-term efficacy of an internet-based intervention for infant and toddler sleep disturbances: one year follow-up. J Clin Sleep Med. 2011;7(5):507-11.
  3. Mindell JA, et al. Bedtime Routines for Young Children: A Dose-Dependent Association with Sleep Outcomes. Sleep. 2015;38:717-22.
Posted on

子供の成長と睡眠の役割 その3 毎日繰り返しが大切、ねんねトレーニング

子供の成長と睡眠の役割 その3 毎日繰り返しが大切、ねんねトレーニング

赤ちゃんと絵本を読む母親

大切なねんねトレーニング

睡眠習慣を身に着けることは、まずは親の教育と睡眠衛生40 から始まります。

睡眠衛生」という定義は、睡眠に適切な環境、子供と親との規則正しい習慣、質の良い眠りと効果的な睡眠時間を持つよう実践することを意味します。

正しい睡眠衛生を実践するためには、乳児や子供たちが必要なのは、次のようなことです。
眠る時間に入る前に落ち着く時間
規則正しい夜の就寝と昼寝の時間
眠るために適度な静かな部屋
入眠前には適さない行動や環境を避けること

例えば、だっこしてゆらゆら揺らしたり、添い寝したり、眠らせるために授乳したりを習慣にすると、子供たちは夜目が覚めたときも、これと同様なことを求めます。

乳児と幼児の眠りの問題のために、行動的介入(behavioural intervention)の効果性については、多くの研究がされています。(訳者注:この場合の行動的介入とは、親が子供を寝かしつけるために、適切なトレーニングをしたり、意識的に子供に眠ることを練習させること。日本的に言うとねんねトレーニングと言えるのでは。)52の研究にわたり、94%が行動的介入が有効であり、80%の子供たちが、眠るときと夜目が覚めるときの問題が画期的に改善されたと報告されています。25 

特筆すべきは、寝かしつけの習慣などを含む介入方法(ねんねトレーニング)は、育児の一部としてよく研究されていることです。最も研究されている方法は、下記にあげる通りです。

泣いてもそばに行かない

放置、泣かせっぱなしにする方法は、決められた時間に子供をベッドに寝かせたら、翌朝の特定の時間まで子供を無視する方法です。(ただし、病気やケガをしないよう観察します)25,40 この方法は、眠らずにむずがる子供達が、さらに大きく泣いたり叫んだり、また癇癪の爆発を止めさせることが目的です。

これは親にとっても辛い方法です。泣き声を聞くのが耐えらなかったり、場合によって傍に行ったり、行かなかったりと不規則では上手くいきません。

しばらく泣かせておく

しばらく泣かせておく、ねんねのトレーニングは、子供の要求にある一定の時間応えずにおくことです。25,40

子供の相手になってやるまでの長さは、子供の年齢や気性、子供が泣いていることにどのくらい親が耐えるかの判断によります。親が子供のそばに行く時は、決めたルールを守りましょう。例えば5分おきと決めたら、必ず5分は待ちます。

上手く行くようになったら、待つ時間を徐々に長くしてゆくなどの工夫をします。最初は5分、次は10分、次は15分のようにします。

この方法で子供は自分で気持ちを落ち着ける能力を培い、得ることのできない眠る前の習慣や、親の介入なしに眠りに戻る力を発展させてゆきます。

決まった時間に目覚める

Scheduled Awakening(計画的な目覚め)25,40 と呼ばれるこの方法はまず、夜子供が自然に何時くらいに起きるか、何回目が覚めるかを知る必要があります。例えば、ほぼ毎日10時、12時、5時にぐずって起きるなど。それが分かれば、その時間の30分から10分前に親が起きて、子供がそのまま寝続けるようあやしてやります。目が覚めそうな様子であれば、ちょっと揺らしたり、なでたりして、自然に眠りに戻って行きやすくしてやります。

上手く行き出すと、子供が目を覚ます回数は減って行き、子供が長く寝続けることに繋がります。

眠るときの習慣は根気強く繰り返し

北米からの驚くべき実証があります。乳幼児の眠りの問題を解決するためのねんねトレーニングは、非常に効果的という調査結果が出ています。トレーニングには眠る前の儀式、習慣も含まれています。25,41,42

眠る前の儀式としては、暖かいお風呂、リラックスさせるマッサージ、子守唄を歌ってやったり、本を読んでやったり4,42の子供を穏やかな気分にする習慣が推奨されます。

このような習慣は、肌と肌の直接のコンタクト43、目と目を合わせるコンタクト44、親の声を聞くこと45、母親父親の匂い、お風呂で使ったものの馴染み深い匂いなど、五感で感じることができます。

乳児たちが、ものを学習するには大切な2つのカギがあります。それは、繰り返しと関連性です。この2つは子供達が物事を学ぶのには欠かせません。

赤ん坊が何度も何度も同じことを経験する時、脳の中で出来事の関連性はより強く、より複雑になってきます47

予測のつくストレスの少ない環境での毎日の習慣で、幼い子供達は日中の機嫌がよくなり、親も達成感を味わいます。48  眠る前の儀式のおかげで、親もストレスを減らすことができ、子供たちもごく小さな頃から慨日リズム(生き物が持つ体内時計とも言えるリズム)を身につけてゆきます49

参照

  1. Mindell JA, et al. Behavioral treatment of bedtime problems and night wakings in infants and young children. Sleep. 2006;29:1263–76.
  2. Halal CS, et al. Education in children’s sleep hygiene: which approaches are effective? A systematic review. J Pediatr (Rio J). 2014;90(5):449-56.
  3. Morgenthaler T, et al. Practice parameters for the psychological and behavioral treatment of insomnia: an update. An American Academy of Sleep Medicine report. Sleep. 2006;29:1415-9.
  4. Mindell JA, et al. A Nightly Bedtime Routine: Impact on Sleep Young Children and Maternal Mood. Sleep. 2009;32:599-606.
  5. Field T, et al. Lavender bath oil reduces stress and crying and enhances sleep in very young infants. Early Hum Dev. 2008;84(6):399-401.
  6. Farroni T, et al. Eye contact detection in humans from birth. Proc Natl Acad Sci U S A. 2002;99(14):9602-5.
  7. Dehaene-Lambertz G, et al. Language or music, mother or Mozart? Structural and environmental influences on infants’ language networks. Brain Lang. 2010;114(2):53-65.
  8. Sullivan RM, et al. Clinical usefulness of maternal odor in newborns: soothing and feeding preparatory responses. Biol Neonate.
    1998;74(6):402-8.
  9. Schiller P. Early brain development research review and update. Exchange (2010).
  10. Fiese BH, et al. A review of 50 years of research on naturally occurring family routines and rituals: cause for celebration? J Fam Psychol. 002;16:381–90.
  11. Philbrook LE, et al. Maternal emotional availability at bedtime and infant cortisol at 1 and 3 months. Early Hum Dev.2014;90(10):595-605.
Posted on

子供の成長と睡眠の役割 その2 睡眠障害が引き起こすこと

子供の成長と睡眠の役割 その2 睡眠障害が引き起こすこと

泣いている女の子

子供たちがまだ幼い段階での睡眠の問題

睡眠の問題は、小児科医の注目を引く共通した関心ごとの一つです。19,20
どのような睡眠形態が問題となるかの定義もさまざで、家族の意見、文化的な基準で異なります。

さらに、乳児と子供の睡眠に関するトラブルは、深刻な問題として広く認識されているわけではありません。なかなか眠れない、夜何度も目が覚めるというのは、授乳期、幼児期の子供たちにとってごく当たり前のことなので、周囲の大人は問題を見逃しがちです。21

睡眠障害国際分類は、寝つきが悪い、夜目が覚める問題を、小児の行動不眠症と分類しています。これは更に、しつけ不足睡眠障害入眠時関連障害に分かれます。22

しつけ不足睡眠障害
これは、元来2歳児とそれ以上の子供に見られるもので、
とまどう
口答えをする
泣く
しがみつく
寝るのを拒む
ベッドから出てしまう
注意を引きたがる
食べ物、飲み物、に対してわがままになる

などの行動が子供達に見られます。
両親たちは、子供の寝かしつけに非常に苦労し、仕方なく子供の年齢に見あわない時間に寝かせたり、いつもバラバラの時間に寝かしつけたり、子供の要求をすべてのんでしまうなど、とても苦労します。

入眠時関連障害
これに分類される行動不眠症は、眠る前に何かしないと眠れない乳児や幼児に現れます。
だっこしてゆらゆら揺する
授乳する
親がそばにいなくてはならない

など。
通常夜目を覚ますとき、これらの子供たちは、いつも眠る前にしていることを自分たちでは再現できませんので、両親の助けを借りて眠るのです。

オーストラリアとニュージーランドの疫学の研究では、問題とみなされる行動睡眠は、幼い子供たちに共通していて、30%の親が自分の子供たちは睡眠に問題を持っていると報告しています。23,24 これは、北米の調査では、20-30%の乳児や幼児が睡眠に問題を持っていると見積もられています。25,26

睡眠障害が引き起こすこと

乳児や幼児時代の睡眠の質と量が適切でなかった時は、日中の活動にも悪い影響を与えるます。また小さな時の睡眠の問題は、成長してもずっと続きます27

行動、学力11を含む認知発達、精神面、肥満や代謝が悪いなどの健康、また事故による怪我30 などにつながってゆくのです。更に、子供時代の睡眠の問題は、その後もっと大きくなってからの行動や、情緒の問題にもつながります。貧弱な神経心理は、思春期にも影響します。32,33

乳児期、幼児期の睡眠の問題は、二次的に夫婦間や家族の幸福にも影響します。4 結婚のうつ、34,35  夫婦間の不和は、よくあることで、子供の虐待もあげられます。37

オーストラリアでは、生後6カ月以上1歳未満の乳児の睡眠問題を解決するために、健康の専門家に助けを求める平均的な費用は、一家族につき380オーストラリアドル(約3万円)となっています。38 オーストラリアの人口データは、0歳から7歳の子供たちの睡眠障害問題は、年間2,750万オーストラリアドル(約21億6,000万円)の国の出費と関連していると示唆されています。

前述したような睡眠問題がその後に及ぼす悪い影響を見踏まえ、理解することは、睡眠障害への対応の大切さを認識させてくれます。

参照

  1. Mindell JA, et al. Pediatricians and sleep disorders: training and practice. Pediatrics. 1994;94:194–200.
  2. Owens JA. The practice of pediatric sleep medicine: results of a community survey. Pediatrics. 2001;108:e51.
  3. Mindell JA, et al. Cross-cultural differences in infant and toddler sleep. Sleep Med. 2010;11:274-80.
  4. American Academy of Sleep Medicine. International Classification of Sleep Disorders, Second Edition. Westchester, IL: American Academy of Sleep Medicine, 2005.
  5. Bayer JK, et al. Sleep problems in young infants and maternal mental and physical health. J Paediatr Child Health. 2007 Jan-Feb;43(1-2):66-73.
  6. Teng A, et al. Infant and toddler sleep in Australia and New Zealand. J Paediatr Child Health. 2012;48(3):268-73.
  7. Mindell JA, et al. Behavioral treatment of bedtime problems and night wakings in infants and young children. Sleep. 2006;29:1263–76.
  8. Sadeh A, et al. Sleep and sleep ecology in the first 3 years: a web-based study. J Sleep Res. 2009;18:60–73.
  9. Byars KC, et al. Prevalence, patterns, and persistence of sleep problems in the first 3 years of life. Pediatrics. 2012;129:e276–84.
  10. Beebe DW. Cognitive, behavioral, and functional consequences of inadequate sleep in children and adolescents. Pediatr Clin
    North Am. 2011;58:649–65.
  11. Magee L, et al. Longitudinal associations between sleep duration and subsequent weight gain: a systematic review. Sleep Med Rev. 2012;16:231–41.
  12. Koulouglioti C, et al. Inadequate sleep and unintentional injuries in young children. Public Health Nurs. 2008;25(2):106-14.
  13. Gregory AM, et al. Sleep problems in childhood: a longitudinal study of developmental change and association with behavioral problems. J Am Acad Child Adolesc Psychiatry. 2002;41(8):964-71.
  14. Friedman NP, et al. Individual differences in childhood sleep problems predict later cognitive executive control. Sleep. 2009;32(3):323-33.
  15. Gregory AM, et al. Sleep problems in childhood predict neuropsychological functioning in adolescence. Pediatrics. 2009;123(4):1171-6.
  16. Lam P, et al. Outcomes of infant sleep problems: a longitudinal study of sleep, behavior, and maternal well-being. Pediatrics. 2003;111(3):e203-7.
  17. Hiscock H, et al. Infant sleep problems and postnatal depression: a community-based study. Pediatrics. 2001;107:1317–22.
  18. Minde K, et al. The evaluation and treatment of sleep disturbances in young children. J Child Psychol Psychiatry. 1993;34(4):521-33.
  19. Kataria S, et al. Persistence of sleep disturbances in preschool children. J Pediatr. 1987 Apr;110(4):642-6.
Posted on

子供の成長と睡眠の役割 その1 睡眠の重要性

子供の成長と睡眠の役割 その1 睡眠の重要性

はじめに

スリープドロップス社は、これまで大切な我が子の眠りに悩む多くの母親や父親をサポートしてきました。眠る前の適切な習慣が、子供達だけでなく、大人にとっても非常に大切なものであると、私たちは学んできました。
ここにあげる睡眠に関する記事は、2人の子供の睡眠スペシャリスト、ジェイコブ・ツイス博士とジョン・ウィッドガー博士による研究レポートです。私たちが子供たちの眠りの質と時間を改善してあげることが、彼らの健康と幸せに繋がることがよくわかります。大変興味深いレポートですので、是非読んでくださいね。

スリープドロップス カースティン

カースティン・テイラー

生理学と幼児早期の睡眠の重要性

私たちは、人間に何故睡眠が必要なのかについては、驚くほど知りません。
乳児や幼い子供たちは、多くの時間を眠って過ごします。このことは、睡眠が脳や体の開発に不可欠であることを示唆しています。1
生まれてから最初の1年は、脳は最も柔軟で、最速で成長し、外の世界との適応力が最も高い時期です。伝達能力、理解力、社会性の発達、幸せを感じる心などが依存する脳のほとんどの神経経路は、最初の3年の間に急激に成長します。2 また睡眠が十分でないと、その後深刻な問題につながります。
レム睡眠(動睡眠とも言われます)は、浅い眠りで、脳は活発に動いており、この間に夢をみます。筋肉は弛緩し(幼児期には引きつりなどが起きることもありますが)、呼吸や心拍は乱れ、血圧も上がります。レム睡眠の割合は、幼児期が55%と最も高く、5歳までには20~25%へと下がってゆきます。
ノンレム睡眠(静睡眠とも言われます)の間は、筋肉に送られる血液が増し、活力が蓄えられ、細胞組織は成長し、壊れた組織は修復され、成長と開発に重要なホルモンが分泌されます。3

眠りの恩恵

認知力、社会性、行動面、感情面など、健全に眠る事で、子供たちが受ける恩恵は膨大です。
特に幼児期の最初の段階は、子供たちの神経認知力、知的能力の成長においては決定的に重要な時期です。4 睡眠は乳児の脳の成熟、学習と記憶5-6に重要な役割を果たします。
既にある記憶を脳に留めると同時に、新たな記憶も保存し7-9、語学の学習能力を開発してゆきます。10 睡眠は、乳児の社会適応力を開発します11。他人と自分との関係を築き始めます。他人からの接近を許し、受け入れることを学ぶのです。12
この開発時期での最適な睡眠が、生物学的にも社会的にも子供の潜在的能力を最大限に伸ばすための重要なカギとなります。

普通の睡眠はどのくらい?

生後1カ月の間は、新生児が眠っている時間は、夜も昼もほぼ同じです。13 6カ月のうちには、ほとんどの乳児はより長く継続して眠るようになり、夜間の睡眠を確立しはじめ、ゆっくりと徐々に大人の睡眠パターンと似たような眠り方を始めます。14

10週から12週までには、概日リズムを覚え、夜間にまとめて長く眠ることが顕著になり、それに伴い、昼間は3,4時間の昼寝のみになります。

生後6ヵ月から9ヵ月までのほとんどの乳児の大きなマイルストーンは、夜通し眠る(少なくとも一晩に続けて8時間寝てくれる)ことです。

たいていこの夜の睡眠時間は、朝寝と昼寝の時間も伴います。15 乳児の睡眠はとても変わりやすいものになります。同じ月齢の乳児であっても、全く異なる睡眠パターンを持っていることもあります。子供たちが眠りに入る時間から、眠る合計の時間、眠りに影響する事象など、子供によってさまざまです。16

表1は、34の研究に基づいた乳児と子供の睡眠パターンです。15,17,18 ほとんどの研究は、睡眠パターンを表現するために、客観的データではなく、主観的なデータ(アンケート)を使用しています。

主要なデータは、異なる国々、文化を持つ人々から集めたもので、参照値は、国際的な基準で考えられるべきものです。眠りすぎが与える影響については、よく研究されていませんが、環境に相互作用する機会を持つことが、開発にも重要です。

表1

月齢/年齢
平均
アメリカ ナショナル・スリープ・ファンデーション18推奨時間
合計の睡眠時間 (時間)
0-2 ヵ月
14.6
14-17
3 ヵ月
13.6
14-17
6 ヵ月
12.9
12-15
9 ヵ月
12.6
12-15
12 ヵ月
12.9
11-14
1-2 歳
12.6
11-14
2-3 歳
12.0
10-14
4-5 歳
11.5
10-13
夜起きる回数
0-2 ヵ月
1.7
 
3-6 ヵ月
0.8
 
7-11ヵ月
1.1
 
1-2 歳
0.7
 
日中の昼寝の回数
0-5 ヵ月
3.1
 
6-11 ヵ月
2.2
 
1-2 歳
1.7
 
日中の昼寝の時間 (時間)
6 ヵ月
3.4
 
9 ヵ月
2.8
 
12 ヵ月
2.4
 
18 ヵ月
2.0
 
2 歳
1.8
 
3 歳
1.7
 
4 歳
1.5