F A Q

FAQ よくある質問

スリープドロップス飲み方について

スリープドロップスはどのような味がするのですか?

スリープドロップスは、とても飲みやすくつくられた液体状のレメディーで、ふたに付属したドロッパーを使用して舌の下に数滴落とすことでお飲みいただけます。
その味は多くの方から好評をいただいていますが、いままで当社に届いている最も評価の低いご感想でも、「ちょっと甘すぎる「ちょっと酸っぱい」といった程度です。
グリセリン・蒸留水・エタノールがベースとなっており、グリセリンが味わいに甘さを加えています。

どのようにスリープドロップスを摂ればいいのですか?

ステップ1:
最初の5日間は、就寝の2時間前から30分おきに、1回当たり5~10滴を舌の下に落としてください。夜中に目覚めたときは5~10滴を舌の下に落とし、その後必要に応じて30分おきに繰り返してください。
ステップ2:
6日目以降は、就寝の30分前に5~10滴を舌の下に落とし、就寝直前に再度5~10滴を舌の下に落としてください。夜中に目覚めたときは5~10滴を舌の下に落とし、その後必要に応じて30分おきに繰り返してください。
※ご注意:小柄な方や医薬品等に敏感な方は、1回の使用量を5滴にとどめてください。

スリープドロップスは、他のサプリメントやホメオパシー、あるいは医薬品と併用できますか?

スリープドロップス5滴は、乾燥ハーブに相当してわずか約0.005グラムしか配合されていませんので、現在摂っている医薬品やハーブ製品などに影響を及ぼす量ではありません。それでもスリープドロップスの併用がご心配な方は、専門家にご相談ください。

妊娠中や授乳期間ににスリープドロップスを摂取しても大丈夫ですか?

問題ありません。
たくさんのお客様が妊娠中にスリープドロップスを摂取されています。また、授乳期間中に摂取されているお客様の母乳にも影響は出ておりません。
むしろ、授乳中にこそ飲んでいただきたい製品です。

しかしすべてのお客様の体質は異なりますので、ハーブや医薬品に敏感な体質であれば、スリープ&アンチストレス サプリメントの方をお勧めいたします。

スリープドロップスを使用しないほうが良い場合はありますか?

含まれている成分にアレルギーまたは過敏症がある方は、使用を控えてください。

使用量を増やせば早く眠れるようになりますか?

量を増やせばそれだけ早く眠れるようになるとはいえません。1回に20~30滴をお飲みいただくこともできますが、それだけ早く眠れるというわけではなく、無駄に消費するだけでしょう。
1回の使用量よりも、むしろ回数のほうが重要です。特に眼がさえて、なかなか寝付くことができそうにない場合には、回数を増やしてみても良いでしょう。1回当たり1~2滴を1分おきに、10分間摂ってください。

スリープドロップスは、長期間摂り続けなければならないのですか?

多くの方の場合、スリープドロップスを摂りはじめてからしばらくのうちは、おすすめしている使用量の範囲で最大限の量を摂りますが、やがて睡眠パターンに変化が現れて、使用量や回数が減っていくという傾向が見られます。その後、まったくスリープドロップスの飲用が必要なくなる方が一般的ですが、そのまま寝る前に数滴を摂り続ける方もいらっしゃいます。

スリープドロップスに習慣性や依存性はありますか?

まったくありません。

他の製品について

マグネシウムは医薬品の効果と吸収を下げるかもしれなません。
スリープ&アンチストレス サプリメントはテトラサイクリンおよびキノロン系抗生物質の摂取から、少なくとも2時間後に投与してください。
またワルファリン(Warfarin)をお摂りの方は、スリープ&アンチストレス サプリメントを摂取前にかかりつけのお医者様と相談し、定期的な診断をされるようお勧めします。

スリープドロップス製品内容、成分について

1本当たりどれくらいの使用量が入っているのですか?

60mlのボトルで約1,200滴入っています。
1回当たり10滴として、約120回分です。1回当たり5滴ならば240回分とお得です。

スリープドロップスは医薬品ですか?

スリープドロップスはニュージーランドの法律で定義された医薬品ではありません。また、日本からお求めになる場合、個人で使用する範囲においては個人輸入の枠内で直接当社からお求めいただけます。

スリープドロップスをペットに与えることはできますか?

はい。ふたに付属しているドロッパーを使用し、直接ペットの口の中に入れるか、飲み水や食事に加えることで与えてください。一度に3滴以上を与えることはおすすめしません。

サンプルはもらえますか?

申し訳ございませんが、サンプルはございません。
スリープドロップスシステムのポイントは自然な睡眠パターンを体に促すことです。
一定期間継続していただき、規則正しい睡眠を働きかけることを目的にしていますので、少量のサンプルでは効果がでないのです。
またそれだけではなく、その症状も様々です。睡眠時間の長さ、寝付きが悪い、眠りが浅い・・・。そのすべての症状・すべての方にひとつの製品で効果がでるとは限りません。私たちのシステムは各お客様の症状が必要とするものを考慮し、症状に合わせたシステムの提供を心掛けています。